{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002244226922708   整理番号:10A0730307

フラクタル図形を用いた時系列ボリュームデータの低次元化可視化手法

A Dimensional Reduction Visualization Method Using Fractal Shapes for Time-varying Volume Data
著者 (4件):
資料名:
巻: 30  号: Suppl.1  ページ: 283-284  発行年: 2010年07月01日
JST資料番号: S0973B  ISSN: 0916-4731  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
時系列ボリュームデータは3次元空間構造をもつボリュームデータが時間変化する4次元データである。この可視化手法としてはボリュームレンダリングとアニメーションの併用が一般的であるが時間依存手法であるために時間的な遮蔽が生じる問題がある。ここではフラクタル図形を用いた時系列ボリュームデータの低次元化可視化手法を提案した。本手法によりアニメーションを利用せずに時系列ボリュームデータの時間的変化の特徴を容易に把握することを可能とした。一方で低次元化して可視化するので空間的位置・形状の把握が困難となる,3次元可視化であるために可視化結果の位置により遮蔽が生じる等の問題も発生する。そのために既存可視化手法との併用等の効果的な利用法を考える必要がある。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る