{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002250222747677   整理番号:10A0730338

片複断面開水路流れに形成された大規模水平渦の内部構造

Inner Structure of Large-Scale Horizontal Vortex in Turbulent Compound Open Channel Flow
著者 (4件):
資料名:
巻: 30  号: Suppl.1  ページ: 391-394  発行年: 2010年07月01日
JST資料番号: S0973B  ISSN: 0916-4731  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本の多くの河川で採用されている複断面開水路流れは低水路では高速,高水敷上では低速となりその両者が接する高水敷先端部付近では複雑な流れが形成される。大規模水平渦に焦点をあててそれが活発化するとされる高水敷水深の小さな流れ場において流れの可視化によりその内部構造と諸特性を調べた。実験には長さ10m,幅60cm,高さ15cmの透明アクリル樹脂製の平滑面水路を使用した。試験結果から高水敷水深が小さい流れでは水深が大きい場合と比較して高水敷上の横断方向の二次流れが顕著になり斜昇流が消失することを示した。更に高水敷上には高速流の流入時に高水敷先端部の速度せん断作用により縦渦構造群が形成されるがこれらは回転運動をしながら側壁方向に移動することを示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
河川工事  ,  管内流 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る