{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002273451019120   整理番号:10A1019438

流れ場の高速PIV測定による空力音源の可視化

Visualization of Aeroacoustic Sound Sources Based on the Flow Field Using Time-resolved PIV
著者 (3件):
資料名:
巻: 30  号: Suppl.2  ページ: 81-82  発行年: 2010年10月15日
JST資料番号: S0973B  ISSN: 0916-4731  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高速鉄道において発生する騒音はレールと車輪の接触・振動に伴う転動音や列車の走行に伴う車両周りの空気の乱れによる空力音等からなる。小型風洞を用いて時間分解能に優れた高速PIVを用いて円柱周りの流れ場の時系列情報を取得してそれを下に遠方場における空力音源を実験的に評価した。円柱の他にも鉄道車両におけるパンタグラフの舟体周りについても本手法を適用して空力音源の分布を求めた。放射音は直径6.0mmのガラス円柱の直上300mmの位置に設置した無指向性マイクロホンにて測定した。流れ場から推定した空力音が円柱のエオルス音発生周波数に相当するストローハル数0.2において実測音圧と良好に一致することを示した。更に円柱の剥離点近傍で広帯域の強い音源の存在を確認した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
流体の実験・試験・測定方法及び装置  ,  物体の周りの流れ  ,  音波伝搬 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る