{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002274961006223   整理番号:10A0730250

蛍光体燐光寿命の温度依存性に関する研究

Study on temperature dependence of phosphorescence
著者 (3件):
資料名:
巻: 30  号: Suppl.1  ページ: 93-94  発行年: 2010年07月01日
JST資料番号: S0973B  ISSN: 0916-4731  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
感温性無機質蛍光体は耐熱性が高く数百度以上の高温条件下においても燐光スペクトル・強度・寿命が温度依存性を示す。紫外光レーザ等により励起された感温性無機質蛍光体は基底状態に戻る際にエネルギー差に応じた燐光を発する。そこで燐光寿命,スペクトル線強度における温度依存性を複数の蛍光体について実験的に調査すると共に蛍光体の情報を収集した。励起光源にはNd:YAGレーザの第3高調波355nmを用いて蛍光体を塗布した加熱ステンレス板に照射した。燐光寿命の変化を評価するための校正画像は20~50kfpsで撮影した。各蛍光体の燐光寿命,スペクトルについて評価すると共に校正実験により減衰係数を算出した。蛍光体の幾つかは実験の温度域において高い温度依存性を示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
一般及び無機化合物の蛍光・りん光(分子)  ,  レーザ照射・損傷 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る