{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002277479700740   整理番号:10A0471080

ニホンジカの食害による森林被害の実態と防除技術の開発

著者 (3件):
資料名:
号: 24  ページ: 1-24  発行年: 2010年01月
JST資料番号: X0090A  ISSN: 1342-775X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長野県では江戸時代にニホンジカが多く生息していたが,明治期に大きく減少した。近年,生息域は県下全域に拡大し,地域によっては非常に高い生息密度となっている。塩尻市で実施したライトセンサス調査でニホンジカの個体数が年々増加していることが確認された。夜間撮影機能付デジタルビデオカメラをライトセンサス法に使用することで,視認率が上昇し,映像が記録できた。ニホンジカ推定生息数とササ類の食害程度には相関があり,ササ食害が一定以上になるとヒノキの幹剥皮が始まっていた。ニホンジカは,イチイやヤナギ,ミズキ,リョウブなどの特定樹種を好むと判断された。防護柵は,わずかな隙間があるとニホンジカに侵入され,特に下部の隙間は侵入されやすかった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林保育  ,  有害動物による植物被害一般 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る