{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002287015991658   整理番号:10A0200948

視える化-パブリック・アウトリーチ WEBアウトリーチとアンケートで双方向コミュニケーション

著者 (2件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 15-18  発行年: 2010年02月20日
JST資料番号: L0936A  ISSN: 0289-2804  CODEN: EREBE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
科学技術の発展に伴って生活水準は飛躍的に向上したが,一方で環境問題など負の側面も生じ,科学技術は社会的合理性を必要とするようになってきた。そのため研究者と一般市民が科学技術に対する知識を共有し,理解を深めるため,双方向コミュニケーションとしてのパブリックアウトリーチ活動が必要になっている。しかし具体的な活動には各種の現実的な制約がある。本文ではこの解決のため,いろいろな方面で多用されつつあるWebサイトを利用したアウトリーチ手法の開発について紹介した。科学技術は複雑,抽象的であり,一方Web対象者の属性も多様である。従って個個のWebサイトでいきなり情報の詳細を知るというより,興味に応じて段階的に進行できるように,双方向Webの形を採った。約80名の被験者による評価実験も行い,Web構成に対する知見を得た。人人の意見を集めるためにWebアンケートに頼るが,できるだけ精確な結果を得るため工夫を施しており,これらについて紹介した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
科学技術一般 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る