{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002289180703554   整理番号:10A0730249

勾配-色情報変換法を用いた水表面形状の測定

Measuring water surface shape by using Color-gradient transfer method
著者 (4件):
資料名:
巻: 30  号: Suppl.1  ページ: 91-92  発行年: 2010年07月01日
JST資料番号: S0973B  ISSN: 0916-4731  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
国際核融合材料照射施設(IFMIF)においては重陽子ビームの標的として液体Liの高速噴流が用いられており噴流厚さの変動は1mm以下とすることが設計目標とされる。そこでこの標的を実物大で模擬した湾曲流路をもつ垂直噴流の水位変動を勾配-色情報変換法の適用により定量的な2次元面計測することを試みた。しかし同測定法は透明流体のみを対象としており実際の液体Li噴流の測定は出来ない。そのために液体Liの測定を想定して同原理を応用して反射光を測定することにより波形に加工した金属板の表面性状の再現を行った。発生が予測される定在波及び進行波の特徴を捉えることを可能とすると共に本測定法が液体Liに十分適用可能であるという見解を得た。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
パターン認識 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る