{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102264655163937   整理番号:11A0759699

長野県におけるブナ人工林の地理的変異とその影響-健全な広葉樹林整備のための地域集団における遺伝的多様性の研究-

著者 (1件):
資料名:
号: 25  ページ: 45-64  発行年: 2011年01月
JST資料番号: X0090A  ISSN: 1342-775X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長野県の広葉樹種苗の中には,自家採取を行わずに購入している種子も多く,自家採取している場合も天然林からの採取事例は少なかった。長野県のブナ天然林におけるDNAの地理的変異は,葉緑体DNA,核DNAともに日本海側の系統と太平洋側の系統が存在し,両者には比較的明瞭な地理的構造が認められた。長野県内に植栽されているブナのほとんどは日本海側系統であり,自生地外の中南部に植栽すると,冬芽の先端が枯損する先枯れが発生した。先枯れは県北部では発生せず,また中南部でも樹高2mを超えると被害率が低下することから,植栽初期の成長停滞を招く被害と判断できた。同様の被害は苗畑でも発生しており,県北部産の種子に由来する苗を中部に植栽した場合には,やはり先枯れによる頂芽枯損が発生していた。また,県内のブナ人工林の中には,日本海側の系統ではあるが,県内では認められない系統が植栽されており,これらの個体は県内由来の個体に比べて開葉時期が早かった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林の人工更新  ,  森林植物学  ,  植物生態学 

前のページに戻る