{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102274766830164   整理番号:11A1314528

津軽海峡におけるカマイルカの来遊個体数推定

著者 (6件):
資料名:
号: 21  ページ: 15-18  発行年: 2011年06月18日
JST資料番号: L3044A  ISSN: 1881-3445  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カマイルカLagenorhynchus obliquidensは津軽海峡において最も多く観察される鯨類である。2004年~2010年に津軽海峡で行われた目視調査より得られた発見記録にもとづき,ライントランセクト法によって津軽海峡への本種の来遊個体数の規模を推定した。来遊個体数の推定は,カマイルカの来遊期間である3月~7月と,来遊盛期である5月の2種類の期間について行った。データ数を確保するため,2004年~2010年のデータをプールして,平均来遊個体数を推定した。その結果,3月~7月には,有効探索幅111.75m,平均4,482個体(CV=0.192),5月には有効探索幅109.45m,平均9,592個体(CV=0.251)となった。太平洋側と日本海側におけるカマイルカの個体数推定に関する既往の研究と比較したところ,津軽海峡に来遊するカマイルカはそれらの一部であり,大部分は別の経路を利用して回遊していることが示唆された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
個体群生態学 
引用文献 (16件):
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る