{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201202221833931320   整理番号:12A0747216

長周期積層規則化構造を持つ鋳造Mg-Zn-Y合金の鍛造に対する混合則の有限要素解析への適用

Application of mixture rule to finite element analysis for forging of cast Mg-Zn-Y alloys with long period stacking ordered structure
著者 (6件):
資料名:
巻: 548  ページ: 75-82  発行年: 2012年06月30日
JST資料番号: D0589B  ISSN: 0921-5093  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長周期積層規則化(LPSO)構造を持つ高強度Mg-Zn-Y合金に対する鍛造プロセスを確立するため,LPSO相の体積率の異なったMg-Zn-Y合金の流れ応力を据込鍛造試験によって測定した。流れ応力の混合則がMg-Zn-Y二相(α-MgとLPSO)合金において満足されているので,α-MgとLPSO単相合金の流れ応力はLPSO相の体積率を種々変化させたMg-Zn-Y合金の流れ応力から予測した。混合則の正当性を調べるため,Mg-Zn-Y合金の特性の混合則を基礎に,α-MgとLPSO単相の流れ応力の予測値を用いて,引張試験の有限要素解析および鋳放しのMg-Zn-Y合金の鍛造を実施した。引張試験および鍛造の計算で得た荷重・ストローク曲線は実験値とよく一致した。また,Mg-Zn-Y合金の変形挙動を議論した。Copyright 2012 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
鍛造技術 

前のページに戻る