{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202259525269265   整理番号:12A0114840

情報共有を目的とした原子力施設トラブルデータの3D可視化

Three-dimensional Visualization of NUCIA Data for Public Understanding
著者 (5件):
資料名:
巻: 31  号: Suppl.2  ページ: 215-216  発行年: 2011年09月13日
JST資料番号: S0973B  ISSN: 0916-4731  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ITの発達と共にインターネット上の大規模情報群の中から有益情報を抽出し,可視化する研究が発達している。本稿では大規模データベースとして,原子力施設の事故・故障のアーカイブとして公開されているNUCIAを対象とし,2Dおよび3Dの可視化の結合を検討した。NUCIAの110項目のデータから「企業名,トラブル設備,原因,発電所への影響,発見方法」の5次元を選定し,傾向・特性を抽出するためにバスケット分析による可視化を実施した。使用した2種類のプロセスはNUCIAサーバからXMLデ-タを収集しローカルハードディスクに保存することと,著者らの手法でデータを表示することである。可視化はFocus+Context技術を用いて,2Dと3Dの利点を組み合わせた効果的な表示ができることを確認した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
情報処理一般  ,  ドキュメンテーション 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る