{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202260966552181   整理番号:12A1147361

いくつかの手法による硬化セメントペーストの空隙構造の検討

著者 (2件):
資料名:
巻: 34  ページ: ROMBUNNO.1081  発行年: 2012年06月15日
JST資料番号: Y0507B  ISSN: 2424-0281  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コンクリートの物質透過性はその空隙構造に大きく依存するため,空隙構造を定量的に明らかにすることは非常に重要である。そこで本研究ではその基礎的知見を得るためにコンクリート物性に大きく影響を及ぼす硬化セメントペースト(HCP)の空隙構造をいくつかの手法を用いて検討を行った。その結果,交流インピーダンス測定によって得られたHCPの電気伝導率(空隙の連続性)は空隙率と相関があり,その関係は異なる2直線によって近似できることを明らかにした。また,HCPの超音波速度と電気伝導率は非常によい相関関係にあり,固体の連続性の増加とともに空隙の連続性が低下することを定量的に明らかにした。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
モルタル,コンクリート 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る