{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201202297688383706   整理番号:12A0642207

電子移動/接触水素型新規ハイブリッド還元法に与える水素源の影響

著者 (2件):
資料名:
巻: 92nd  号:ページ: 710  発行年: 2012年03月09日
JST資料番号: S0493A  ISSN: 0285-7626  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
残留性有機汚染物質の脱塩素化する方法として接触還元法が知られているが,立体障害の大きな塩素化物の分解に限界があった。しかし,我々は危険な水素ガスの導入なしで,常温・微加圧の温和な条件下,高効率な脱塩素化に成功した。一例を示すと,0.1gのPd/C(5wt%)触媒存在下,80°C,5mlのメタノール中で10mmolの金属カルシウムを用いて1.0mmolのクロロアニソール類を処理すると,2時間で94-98%の収率でアニソールが得られることを見出した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
均一系触媒反応  ,  芳香族単環フェノール類・多価フェノール  ,  芳香族単環ハロゲン化合物 
物質索引 (10件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る