{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302227875594370   整理番号:13A1394016

過密ヒノキ人工林の間伐後に発生したヒノキ実生の消長

著者 (3件):
資料名:
号: 61  ページ: 75-78  発行年: 2013年05月31日
JST資料番号: L2363A  ISSN: 1342-971X  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
植栽後一度も間伐が行われず,林床植生が欠如していた長野県下伊那郡高森町の41年生ヒノキ人工林において,2009年3月に普通間伐,強度間伐,列状間伐による搬出間伐を行った。その後,林床にヒノキの実生が多数発生したことから,その動態を明らかにするため,各間伐区及び無間伐の対照区における実生の消長をライントランセクト法により調査するとともに,各試験区の光環境を調査した。その結果,2年後の実生の生存率は列状間伐区,強度間伐区,普通間伐区の順で高く,半数以上が生残していたのに対し,対照区では2%にすぎなかった。実生の生存率及び樹高は,相対光量子束密度と相関関係が認められ,過密ヒノキ林における間伐がヒノキ更新木の育成に寄与する可能性が示唆された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林保育  ,  森林植物学  ,  伐木,造材 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る