{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302233818920236   整理番号:13A1506374

ガスタービンと可視化技術/最新の可視化技術はどのように使えるか 燐光による可視化計測の可能性

著者 (3件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 387-393  発行年: 2013年09月20日
JST資料番号: X0134A  ISSN: 0387-4168  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱流体の定量可視化では燃焼場の物質濃度や流体中の温度分布を可視化する手法としてレーザ誘起蛍光法(LIF),赤外放射カメラや感熱液晶を用いた方法がある。また,熱流体の可視化技術の一つである感熱塗料は1250°Cまでの温度分布計測に適用できる可視化手法である。本文では,筆者らが詳細に解説した感圧塗料,強度法による可視化ではない,今後の展望で紹介された寿命法による温度分布可視化,複合計測について,燃焼場や高温気体流を対象とした複合計測を例として紹介している。また,スカラー量可視化の基本方法として液体流を対象とした2色LIFを詳述している。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
パターン認識  ,  ガスタービン  ,  温度測定,温度計  ,  流体の実験・試験・測定方法及び装置 

前のページに戻る