{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302273306008707   整理番号:13A0858503

針広混交林の育成に向けた下層広葉樹の育成管理技術-広葉樹林化のための更新予測及び誘導技術の開発-

著者 (4件):
資料名:
号: 27  ページ: 25-44  発行年: 2013年01月
JST資料番号: X0090A  ISSN: 1342-775X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
針葉樹人工林の中でも下層に広葉樹が混交している事例が多いカラマツ人工林を対象として,針葉樹林から針広混交林へ誘導するための手法を検討するため,上木の伐採方法や下木の管理方法が異なる林分を対象として事例収集を行った。下層に高木性広葉樹が認められるカラマツ林で,林床を整理して点状の強度間伐や列状間伐を行ったところ,萌芽により広葉樹が更新したが,帯状伐採後に林床整理を繰り返すと灌木や草本の繁茂で高木性広葉樹の成長が阻害される場合があった。なお,帯状伐採を行う際に下層の広葉樹を残した場合でも,直径が細く形状比が高いものが枯損した。また,下層に発生した広葉樹の樹高成長は,上木の枝下高に近づくことで成長が停滞するため,下木が成長した段階で,上木の本数管理を行う必要があり,上木の本数管理を行わずに放置すると光環境の悪化で下木が枯損する場合もあった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林の人工更新  ,  森林経営・経理 

前のページに戻る