{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302285548722658   整理番号:13A1436853

学習者特性を考慮した大学等における原稿作成指導手法の検討-ソフトウェア信頼度成長モデルによる-

著者 (4件):
資料名:
巻: 2013  号:ページ: ROMBUNNO.7E-4  発行年: 2013年07月03日
JST資料番号: L6741A  ISSN: 1882-0840  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
経済産業省では「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を「社会人基礎力」として定義している。社会人基礎力は,受動的に講義を受講するだけでは身に付けることが難しい能力である。そこで,本研究ではこの能力を向上する機会として,理工系学生が教員等と共著の学会原稿の作成を行なっていることに注目する。この原稿作成プロセスを学生の能動的学習を促すアクティブ・ラーニングをおこなう機会と捉えることで学生の能力向上を支援するとする。この原稿作成プロセスをアクティブ・ラーニングと捉えた場合の問題点は,学生の原稿作成・修正スキルや意欲等の個人差に強く左右されるため,計画的に進まないことである。そこで,本稿では原稿作成をソフトウェア信頼度成長モデルにより表現することで,学生に対しての原稿作成指導手法について検討する。また,学生の原稿作成について不完全な修正も考慮することで,より現実的なモデルとした。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
CAI 

前のページに戻る