{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302293067266325   整理番号:13A1341608

造船業におけるプル概念に基づくリーン生産システムの適用

Application of Pull Concept-based Lean Production System in the Ship Building Industry
著者 (2件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 105-116  発行年: 2013年08月
JST資料番号: D0023C  ISSN: 2158-2866  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
造船業では,船体は部分毎に製作され,これらの部分はブロックと呼ばれ,造船所の製造ラインに位置するワークステーションで組み立てられる。リーン生産システムでは製造プロセスにおける不要な製造時間,材料,作業を最小限に抑える製造システムである。造船所の生産システムは,プル生産システムの概念を用いて説明することができる。本文の目的は,リーン概念に基づいた造船所の建造システムを設計するために,生産時間とコストを増加させている造船所の無駄を識別することである。無駄には作業員,機器,製品の移動,アイドル時間がある。本文の特定の事例分析では,曲面ブロックの待ち時間の短縮は1ブロックに対し1日,パラレルブロックでは1ブロックに対し1.5日,曲面サブブロックアセンブリでは1ブロックに対し0.5日,パラレルサブブロックに対しては1.125日が得られた。この結果,サブブロックとストックヤードのブロックのオーバーフローは大幅に削減された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
造船,修理 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る