{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302298033518114   整理番号:13A1394026

カラマツヤツバキクイムシの立木への被害と繁殖源量との関係について

著者 (3件):
資料名:
号: 61  ページ: 101-102  発行年: 2013年05月31日
JST資料番号: L2363A  ISSN: 1342-971X  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長野県内で間伐を実施し林内に伐倒木を残置した林分や作業道の開設地周辺の林分で,カラマツヤツバキクイムシによる残存木の立ち枯れ被害が発生した。今回,標高が1260mの木祖調査地と標高750m~760mの塩尻調査地の2調査地でカラマツヤツバキクイムシによる残存木の被害が発生したカラマツ林分の調査を行った。これまでの調査では穿孔のみの加害で,枯損は確認されていなかった標高1000m以上のカラマツ林でも,残置材の量が多い場合には残置材が繁殖源となり,残存木に枯損が発生することが確認された。標高の低いカラマツ林では,残置材の量が少なくても,残存木への被害がより甚大になることが示唆された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林保育  ,  異種生物間相互作用  ,  昆虫・ダニによる植物被害 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る