{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402205843018419   整理番号:13A1961360

新たなシカ管理に向けて シカ剥皮被害の実態解明と発生要因の解析

著者 (2件):
資料名:
巻: 62  号:ページ: 232-237  発行年: 2013年11月25日
JST資料番号: Z0694A  ISSN: 0288-3740  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
シカ管理の観点において,長野県におけるシカ剥皮被害の実態解明と発生要因の解析を行った。方法として,被害発生状況調査を4区分,および剥皮状況調査を4市村で行った。結果と考察において,1)長野県におけるシカの剥皮食害状況,2)シカによる剥皮発生時期,3)剥皮被害木の材内状況,4)シカの樹種別剥皮採食嗜好性,5)シカ生息密度の多寡の判断指標の検討,および6)被害木の処置方法を含めた被害林分対策,の項目に沿って取りまとめた。得られた結果のなかで,植生に残された痕跡のうち,シカの樹種別剥皮嗜好性やササ類の食害程度を指標とすることで,カモシカが同所的に生息する地域でも,シカの生息状況を評価することが可能になったことを挙げた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
有害動物による植物被害一般  ,  森林保育 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る