{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402281425560213   整理番号:14A0769276

流動床で生産されたチャーのガス化速度に関する木質バイオマスの種類の影響

Effect of Woody Biomass Type on Gasification Rate of Char Produced in Fluidized Bed
著者 (7件):
資料名:
巻: 93  号:ページ: 521-530 (J-STAGE)  発行年: 2014年
JST資料番号: F0217A  ISSN: 0916-8753  CODEN: JJIECE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
バイオマスは大気中の二酸化炭素濃度を増やさない代替化石燃料となりうる再生可能エネルギーである。木質バイオマス使用における種々の方法の中で,IGCC発電は最も高効率化技術として期待されている。バイオエネルギー変換プロセスでは,最初に熱分解により熱分解ガスとチャーが生成され,次にチャーがガス化される。そのため,エネルギー変換の高効率化のためには,熱分解ガス,タール,及びチャーの生成挙動や収率,チャーのガス化速度を知る必要がある。本研究では多くの樹種(針葉樹4種,広葉樹9種,バーク4種)を流動層を用いて1000°C/s程度までの高速昇温で1000°Cで熱分解した。その後生成チャーを1000°Cでガス化をした。我々は転化率とその変化速度をCO生成速度の経時変化から計算し,両者の関係を図示した。バイオマス種により様々なガス化速度曲線が得られた。チャーのガス化速度は体積反応モデルによる一次反応速度定数を用いて評価した。広葉樹チャーのガス化速度は針葉樹にくらべ速かった。ほとんどの樹種について,バークチャーのガス化反応性は木部のそれとほぼ同じだった。一般的に広葉樹について,低い圧縮強さを有するバイオマスからのチャーほど速い反応速度を与えた。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生物燃料及び廃棄物燃料  ,  燃焼一般  ,  化学プロセスの解析 
引用文献 (20件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る