{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502206875457923   整理番号:15A0894482

PM2.5に関わるエアロゾル組成の長期変動と排出量感度のモデル解析

Model analysis of the long-term trend of PM2.5 aerosol compositions and emission sensitivity
著者 (4件):
資料名:
号: 147  ページ: 51-63  発行年: 2014年09月
JST資料番号: S0066A  ISSN: 1345-5664  CODEN: RMKUA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中国では経済成長に伴い大気中のPM2.5濃度が上昇し,人体に深刻な影響をもたらす水準にあることが報じられている。近年の観測から,中国から日本へ長距離輸送されてくるPM2.5の影響が懸念されている。このため,この長距離輸送起源のPM2.5と日本国内起源のPM2.5の成分による違いや季節別の特徴に基づいた考察がなされている。ところで,大気中のPM2.5は,粒子状で直接排出される一次粒子と,ガス状で排出された物質が大気中の化学反応で粒子化された二次粒子に大別されるが,後者の生成には,大気中のアンモニア,硫酸および硝酸が重要な役割を果たしている。このことを踏まえて,本研究では,対象地域を広く東アジアに広げて,化学輸送モデルGEOS-Chem ver.9.1.1および,中国のNH3排出量を調節した東アジアの人為起源大気汚染物質排出量推計REASver.2.1を用い,東アジアにおけるPM2.5濃度に関するエアロゾル組成を再現した上で,観測値と比較しその精度を検証した。また,気候条件による違いについても考察するとともに,中国におけるNH3,SO2,NOxの排出量に対する感度解析を行い,東アジアにおける大気中PM2.5濃度に及ぼす前記各物質の排出量の変化の影響を評価した。GEOS-Chemで再現されたNH4+,SO42-,NO3-の月平均濃度の季節変化は,東アジア酸性雨モニタリングネットワークの観測結果と整合した。また,感度解析の結果,NH3排出量を減少させると,NH4+とSO42-の濃度が減少すること,SO2排出量を減少させると,NO3-濃度が増加し,NH4+濃度が減少することがわかった。加えて,中国のNOx排出量を増加させた場合には,福岡,隠岐におけるNH4+,SO42-,NO3-濃度に対してあまり影響を与えないこと,また,中国のSO2排出量を減少,NOx排出量を増加させた場合には,東アジアにおけるPM2.5濃度は若干減少するに留まり,組成的には,SO42-の割合が減少し,NO3-の割合が増えることがわかった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
気圏環境汚染  ,  粒状物調査測定 

前のページに戻る