{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502218036073301   整理番号:15A0762446

林業と生物多様性との調和を目指した自然観察指導員による選木とその効果

著者 (6件):
資料名:
号: 62  ページ: 159-162  発行年: 2014年03月30日
JST資料番号: L2363A  ISSN: 1342-971X  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
「自然観察から始まる自然保護」を目的として活動している自然観察指導員が,自分たちの活動エリアの一部である人工林という環境そのものや林業のあり方について考えるために,自然観察指導員が選木した立木を間伐した人工林を追跡調査する研修会を開催した。研修会では,生物多様性の保全を目指した森林施業を行うことが提案され,その提案に沿って選木を行った。間伐は研修会終了後の2006年3月に実施し,自然観察指導員が選木した指導員区と,林業技術者が選木した技術者区,無施業の無処理区の3試験区を設定した。間伐から7年が経過した2013年6月に,施業後の効果を検証したところ,指導員区では,生物多様性の維持を目的に残存させた下層広葉樹の中で枯損が多く認められ,当初見込んだ施業効果は得られなかった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
林業政策 

前のページに戻る