{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502218618642075   整理番号:15A0749966

サンスクリーンの新技術と素材開発 アロエ含有物によるUVケアの研究 紫外線防御と一重項酸素消去作用

A study of UV care by molecules contained in aloe-UV protection and singlet-oxygen quenching
著者 (2件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 67-72  発行年: 2015年06月15日
JST資料番号: G0987B  ISSN: 0288-9803  CODEN: FUJAD7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
UV吸収剤の多くは光励起状態における分子内水素結合に沿ったプロトン移動(ESIPT)を利用して有害なUVから皮膚を守っている。アロエは保湿効果があるだけでなくアロエサポナリン1(AS1)のように分子内水素結合を持つ多くの分子を含み,UV防御機能が期待される。AS1のUV防御機能を担う骨格である1-ヒドロキシアントラキノンの吸収・蛍光スペクトルを示し,ESIPTによるUV防御メカニズムについて考えた。1O2消去のメカニズムについて述べた。AS1と分子内水素結合を持つ類似分子のESIPTのしやすさを横軸にとり,1O2消去速度を縦軸にとったグラフを示した。今後とも化粧品におけるアロエ含有物によるUVケアが期待される。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
化粧品 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る