{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502234764269136   整理番号:15A0469125

カツラマルカイガラムシによる広葉樹被害の被害拡大要因と適応技術

著者 (4件):
資料名:
号: 29  ページ: 41-48  発行年: 2015年02月
JST資料番号: X0090A  ISSN: 1342-775X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長野県におけるカツラマルカイガラムシによる被害は,被害地域から外側に拡大するだけでなく,何らかの原因で小さな範囲で突発的に増加したことに起因するものがあることが再度確認された。森林内においてカツラマルカイガラムシは,個体数が増加してもその後その増加が急激に進まない事例が確認され,大発生には通常の自然要因とは異なる要因が関与している可能性があった。被害が終息した箇所では,寄生蜂(Pteroptrix sp.)などの天敵の密度上昇によりカツラマルカイガラムシの密度が著しく低下し,被害の再発にはかなりの時間が必要と判断された。また,現行の殺虫剤樹幹注入処理を改善するため実施した高濃度殺虫剤少量注入処理試験では,現行の殺虫剤樹幹注入処理と同等の殺虫効果が確認された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林生物学一般  ,  昆虫・ダニによる植物被害  ,  植物の病虫害防除一般 

前のページに戻る