{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602237498446845   整理番号:16A1088591

水素結合ネットワーク形成を伴うイオン液体[C4mim][NTf2]の気-液界面におけるD2Oの初期溶解

Initial dissolution of D2O at the gas-liquid interface of the ionic liquid [C4min][NTf2] associated with hydrogen-bond network formation
著者 (2件):
資料名:
巻: 18  号: 40  ページ: 28061-28068  発行年: 2016年10月28日
JST資料番号: A0271C  ISSN: 1463-9076  CODEN: PPCPFQ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
KingおよびWellsの方法を用いてイオン液体(IL)[C4mim][NTf2]の流動ジェットシートビームの界面表面におけるD2Oの初期溶解を温度とILの衝突エネルギーとの両方の関数として調べた。IL[C4mim][NTf2]へのD2Oの初期溶解確率は液体への気体の溶解度が温度とともに減少する一般的な傾向に従うことを見いだした。しかし,初期溶解確率の温度依存性からIL[C4mim][NTf2]中のD2Oの初期溶解に関する大きな部分モルエンタルピーΔHl=-53±8kJ・mol-1およびエントロピーΔSl=-210±30J・mol-1K-1が観測された。さらに,衝突エネルギーが初期溶解確率を著しく低下させることを見いだした。界面眉のより深い部分への溶解の前にIL[C4mim][NTf2]の界面における関連D2O分子が[NTf2]-アニオンの周りに水素結合ネットワークを作ると提案した。Copyright 2017 Royal Society of Chemistry All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
液-気界面  ,  イミダゾール 

前のページに戻る