{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802218571383924   整理番号:18A1668769

Mellanox社のスイッチ装置への集団通信オフロード機能による集団通信隠蔽効果の調査

著者 (3件):
資料名:
巻: 2018  号: HPC-165  ページ: Vol.2018-HPC-165,No.12,1-10 (WEB ONLY)  発行年: 2018年07月23日
JST資料番号: U0451A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
プロセス並列プログラムにおいて,複数のプロセスのデータを集約する集団通信は,様々な並列プログラムで多用されているため,計算機の大規模化に向けた性能向上が求められている。本稿では,この集約操作の集団通信をインターコネクトネットワーク上で行える集団通信オフロード機能を備えたMellanox社のスイッチ装置を対象に,この集団通信を計算と並行して行うことによる通信時間隠蔽の効果を調査した。調査には,既存のベンチマークプログラムOSU Micro Benchmarksだけでなく,本研究グループが作成したOverlap Testプログラム,および,反復解法ライブラリPETScにおける通信隠蔽アルゴリズムを用いた。調査の結果,メッセージサイズやノード数数,ノード内プロセス数等の条件によって,集団通信オフロード機能により通信時間や全体の実行時間が短縮できる場合があることが確認できた。ただし,この集団通信オフロード機能は,集団通信自体の高速化にも寄与することから,この効果が通信隠蔽によるものか否かについては,さらなる調査が必要であることも分かった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ディジタル計算機方式一般 
引用文献 (7件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る