{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802250345156482   整理番号:18A0166617

非ブロッキング集団通信の通信隠蔽効果に関する調査

著者 (3件):
資料名:
巻: 2017  号: HPC-162  ページ: Vol.2017-HPC-162,No.17,1-11 (WEB ONLY)  発行年: 2017年12月11日
JST資料番号: U0451A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本稿では,非ブロッキング集団通信による通信隠蔽技術について,特にプログレススレッドを用いた場合の実用上の効果を計測し,評価した。従来の通信隠蔽率のみを計測するベンチマークプログラムでは,プログレススレッドを利用した場合の計算性能の低下による影響が計測結果に反映されないため,実用性の検証が困難である。そこで本稿では,計算と通信を含む総合的な性能評価を行うため,スレッド並列とプロセス並列によるハイブリッド並列のベンチマークプログラムを作成した。このプログラムは,通信と計算の量をそれぞれ明示的に指定するため,プログレススレッドへのCPUコアの割り当て方法やスレッドのスケジューリングポリシーなどの実行時パラメータを変化させた場合の,計測結果の相互比較も可能となった。このプログラムを,Fujitsu PRIMERGY CX400およびFujitsu PRIMEHPC FX100上で実行し,性能を計測した。その結果,Alltoallでは,適切な実行時パラメータを選択することにより,プログラム全体としての性能向上が見込めることが分かった。一方,Allreduceでは,特にノード内で複数のプロセスを起動した場合に,性能が低下する場合があることが分かった。これらの結果から,非ブロッキング集団通信の利用にあたっては,使用する集団通信の種類やメッセージサイズ,計算量等に応じて,効果を事前に調査することが重要であることを確認した。また,非ブロッキング集団通信を推進するもう一つの手段であるオフロード機能について,Mellanox社のSHArP機能を用いた場合の通信隠蔽効果を予備評価し,通信隠蔽による性能向上が見込めることを確認した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
オペレーティングシステム 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る