{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802263689878280   整理番号:18A0634557

速度論的理論計算によるイオン性液体推進薬の組成評価

Chemical kinetics evaluation of ionic liquid propellant composition
著者 (5件):
資料名:
号: 17-008  ページ: 27-33 (WEB ONLY)  発行年: 2018年01月10日
JST資料番号: U1011A  ISSN: 2433-2216  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
既往の研究よりアンモニウムジニトラミドを基材とし,燃料2種と融点降下剤2種の計4個の組み合わせで液化可能であることが分かっている。NASA-CEAをはじめとする平衡論的計算により比推力や断熱火炎温度の計算は既知であるが,着火・燃焼遅れといった速度論パラメータもまた組成評価,ないしは将来的なスラスタ設計において重要である。本研究では反応シミュレーションを用いた速度論的理論計算を実施し,その有用性を評価した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロケットエンジン 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
引用文献 (22件):
もっと見る

前のページに戻る