{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201902238330595655   整理番号:19A0387999

しきい電圧のないホモジニアスおよびホメオトロピック配向液晶素子

Homogeneously and Homeotropically Aligned Liquid crystal Cells without Threshold Voltage
著者 (1件):
資料名:
巻: 118  号: 422(EID2018 8-20)  ページ: 105-108  発行年: 2019年01月17日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ハイブリッド配向液晶(HAN)素子において,強/弱極角アンカリング力の組み合わせにより,しきい値なし,低電圧駆動,となる条件について数値解析的に検討を行った。HANセルにおける平行及び垂直配向膜のアンカリング力と液晶の弾性定数の関係より,液晶ダイレクタのセル内におけるダイレクタ分布を求めるとともに,電圧印加時の液晶再配向状態を算出した。水平配向のアンカリング力を無限大としたとき,垂直配向膜のアンカリング力がK11/dより低い場合は,ホモジニアス配向が得られ,この素子は通常のHAN素子と同様にしきい電圧をもたない。垂直配向膜のアンカリング力を無限大としたとき,水平配向のアンカリング力がK33/dより低い場合は,ホメオトロピック配向が得られる。両配向膜のアンカリング力を有限としたHANセルにおいては,臨界セル厚dcにおいてホモジニアス配向とした場合,アンカリング力を減少させていくと,しきい電圧がなく,かつ0.5V以下で完全なホメオトロピック配向にすることも可能であることを示した。このような素子は,位相変調素子,またはゲストホスト素子において,その素子が持つ最大の位相差または透過率変化が得られることとなる。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
液晶一般 
引用文献 (5件):
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る