Rchr
J-GLOBAL ID:200901000113447751   Update date: Feb. 17, 2015

teruko hayashi

ハヤシ テルコ | teruko hayashi
Research field  (2): Educational psychology ,  Nutrition and health science
Research keywords  (3): 学校心理学 ,  精神保健) ,  学校保健(保健科教育法
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2011 - 発達障害・視覚障害児支援の共通教材開発と検証ー触ってわかる教材で頭を鍛えるー
  • 2010 - 養護実践力の向上を目指したケースメソッド教育プログラムの開発と評価
MISC (16):
  • 山平優子, 三代光江, 林照子. 身体症状から高校生の心身の健康状況を気づくためにー現職養護教諭の学びの活動プロセスを通じてー. 日本健康相談活動学会誌. 2011. 6. 1. 11-16
  • To Assess the Physical and Mental Health Symptom of High School Students -By focusing practoce on the learning community of Yogo Teachers-. 2011. 11-16
  • <ヴィゴツキーの窓>R.Feuersteinとの接点について. ヴィゴツキー学. 2010. 別巻. 1. 97-98
  • アメリカにおける心理教育的援助サービスの実践、3.子どもが参加するIEP(個別教育計画)、米国のスクールサイコロジストーサンディエゴ州立大学における養成システムと実践活動-第7回学校心理士海外研究報告書. 日本学校心理士会・学校心理士資格認定委員会. 2009
  • 教員のためのケースメソッド教育、大学教員の意見-教員研修を行う立場として. 平成20年度教員研修モデルカリキュラム開発プログラム報告書. 2009. 59-60
more...
Books (5):
  • 教師のためのケースメソッド教育
    少年写真新聞社 2011 ISBN:9784879813848
  • カウンセリング・テクニックで高める「教師力」 第5巻 教師のチーム力を高めるカウンセリング
    ぎょうせい 2011 ISBN:9784324092446
  • 教師・教育関係者のためのストレス撃退法
    北大路書房 2006
  • Stress Busting
    2006
  • 百粁徒歩 -高校生が創る長距離徒歩行事-
    東方出版 2000
Lectures and oral presentations  (26):
  • 女子大学生のもつ「医薬品と健康」に関する意識とその実態
    (第59回日本学校保健学会 神戸 2012)
  • 養護教諭を対象としたケースメソッド教育の討論を促進するための要素
    (日本健康相談活動学会第7回大会 金沢大学 2011)
  • ダイナミック・アセスメントと媒介概念の検討
    (日本発達心理学会 東京学芸大学 2011)
  • Development of case material and evaluation of case-method education for Yogo teachers-students
    (The 21st world congress on psychosomatic medicine 2011)
  • 触覚マトリックス教材の可能性を探る
    (日本特殊教育学会 弘前大学 2011)
more...
Works (3):
  • 養護教諭養成に関する教育免許法の課題と提案ー教職並びに養護に関する科目の枠組み等と養護に関する科目の内容についての分析ー;教育課程(カリキュラム)検討委員会報告(日本養護教諭養成大学協議会 日本養護教諭養成大学協議会事業活動報告書(2010年度))
    2011 -
  • モデル・コア・カリキュラムからたみた養護教諭養成機関のカリキュラムー2009年度シラバスを対象とした分析;教育課程(カリキュラム)検討委員会報告(日本養護教諭養成大学協議会 日本養護教諭養成大学協議会事業活動報告書(2009))
    2010 -
  • 平成15年度科学研究費助成金 奨励研究B 課題番号 15905008
    2003 -
Education (6):
  • - 2010 Osaka City University
  • - 2010 Osaka City University
  • - 2002 Osaka Kyoiku University
  • - 2002 Osaka Kyoiku University
  • - 1990 Osaka Kyoiku University
Show all
Professional career (3):
  • 教育学士 (大阪教育大学)
  • 修士(教育学) (大阪教育大学)
  • 修士(教育学) (大阪教育大学)
Work history (19):
  • 2010 - 2011 Osaka Women's Junior College
  • 2010 - 2011 非常勤講師
  • 2010 - - 園田学園女子大学 人間健康学部 総合健康学科 准教授
  • 2006 - 2009 Sonoda Women's University Faculty of Human Health, Department of Wellness
  • 2006 - 2009 Lecturer
Show all
Committee career (7):
  • 2012 - 日本養護教諭教育学会 2013年度大会実行委員会委員
  • 2012 - 日本養護教諭教育学会 2013年度大会準備委員会委員
  • 2010 - 日本保健医療行動科学会 大会実行委員
  • 2009 - 日本健康相談活動学会 編集委員
  • 2008 - - 日本養護教諭養成大学協議会教育課程検討委員会 委員
Show all
Association Membership(s) (10):
近畿学校保健学会 ,  日本保健医療行動科学会 ,  日本健康相談活動学会 ,  日本養護教諭教育学会 ,  日本コミュニティー心理学会(会員) ,  日本学校心理学会(会員) ,  日本思春期学会(会員) ,  日本発達心理学会(会員) ,  日本教育心理学会(会員) ,  日本学校保健学会(会員)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page