Rchr
J-GLOBAL ID:200901000139040498   Update date: Jun. 01, 2020

Yamamoto Kenji

ヤマモト ケンジ | Yamamoto Kenji
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://www.kusa.ac.jp/~kenji-y/index.html
Research field  (1): Science education
Research keywords  (7): 環境リテラシー ,  科学教育 ,  エネルギー ,  生活支援技術 ,  バイオメカニズム ,  Science Education ,  Environmental Dynamic Analysis
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 中・高等教育課程を円滑につなぐ科学教育
  • 省エネルギーと環境保全のための地域活動支援
  • 二酸化炭素排出量算定を通じた環境リテラシー向上のための教育教材開発に関する研究
  • 中等教育終了時における環境リテラシーの定着状況に関する実態調査研究
  • ハーネス(歩行用犬具)使用時における人の疲労回避に関するソフト的研究
Show all
MISC (90):
  • 総合的な学習における環境教育への期待. 大学教育学会誌. 2002. 24. 2. 61-62
  • 温暖化の危機から地球を守る-森林のしくみを見直し省エネルギーにつとめる-(III章、IV章). (財)水島地域環境再生財団. 2002
  • 水島コンビナート地域におけるCO2排出量推計-産業部門から-. (みずしま財団)パートナーシップによるコンビナート地域環境改善報告書(財団法人省エネルギーセンター助成事業). 2001. 5. 17-26
  • エネルギー消費の面から生活と環境を考えるために-CO2の温室効果に与える影響を体感する-. 倉敷芸術科学大学 紀要. 2001. 6. 55-62
  • In Order to Consider Our Lives in Respect to Energy Consumption with Environmental Problems. The Bulletin of Kurashiki University of Science and the Arts. 2001. 6. 55-62
more...
Books (3):
  • 中・高等教育段階における物理概念形成過程の実践的研究(共著)
    平成5・6年度科研費研究成果報告書(中国印刷) 1995
  • 高密度プラズマでのエネルギーレベル
    『慣性核融合のための原子過程ワークショップ』(名古屋大学プラズマ研究所) 1982
  • A Quantum Scattering Approach to the Complex Level Shift of Spectral Lines in Plasmas. (共著)
    Book of Abstracts Papers US-Japan Joint Seminar on Plasma Spectroscopy 1979
Works (2):
  • 樹木の二酸化炭素吸収量調査による温暖化防止の意識啓蒙活動
    2001 -
  • 地球温暖化対策における都市緑化推進手法検討の一環として、水島地区における産業部門からの二酸化炭素排出量の計算
    2000 -
Education (4):
  • - 1976 Nagoya University
  • - 1976 Nagoya University
  • - 1971 Hiroshima University
  • - 1971 Hiroshima University
Professional career (2):
  • Doctor of Science (Hiroshima University)
  • (BLANK)
Association Membership(s) (5):
日本国際文化学会 ,  大学教育学会 ,  日本物理教育学会 ,  日本科学教育学会 ,  日本物理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page