Rchr
J-GLOBAL ID:200901000533650110   Update date: Dec. 04, 2020

Sato Akira

サトウ アキラ | Sato Akira
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (1): Social welfare
Research keywords  (6): ボランティア ,  福祉教育 ,  地域福祉 ,  Volunteer ,  Socio-education and Service Learning ,  Community development
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2015 - 2017 要援護高齢者が主体となる地域で相互に学び合い・支え合う仕組みに関する研究
Papers (25):
  • 佐藤 陽. 福祉教育実践プログラム「ワークキャンプ」の有用性について. 十文字学園女子大学紀要. 2018. 48. 1. 83-97
  • 佐藤 陽. 要援護高齢者が主体的に社会参加するための相互に学び合う場づくり. 日本福祉教育・ボランティア学習学会研究紀要. 2017. 29. 35-52
  • 佐藤 陽. Method for Social Participation of the Frail Elderly : From a Lecture on Mutual Aid. 十文字学園女子大学紀要 = Bulletin of Jumonji University. 2016. 47. 49-62
  • 佐藤 陽. Significance of Mutual Aid : Establishing Environments That Utilize the Power of Those Elderly Who Need Care. 十文字学園女子大学紀要 = Bulletin of Jumonji University. 2015. 46. 53-65
  • 佐藤 陽. コミュニティ・スクールを活用する福祉教育実践について. 十文字学園女子大学人間生活学部紀要. 2014. 12. 89-99
more...
MISC (35):
  • 佐藤 陽. 地域共生社会の実現に向けて相互に学び合い・支え合う地域の構造化. 要援護高齢者が主体となる地域で相互に学び合い・支え合う仕組みに関する研究成果平成29年度報告書. 2018. 1-237
  • 佐藤 陽. 要援護高齢者が主体的に社会参加するための地域で相互に学び合う試雲の構造化. 要援護高齢者が主体となる地域で相互に学び合い・支え合う仕組みに関する研究平成28年度研究成果報告書. 2017. 1167
  • 佐藤 陽. 埼玉県福祉でまちづくり研究会報告書VI-多様な専門職と地域福祉に関わる市民と共に取り組む実践的研究について-. 2016. 1-132
  • 佐藤 陽. 本研究に関する理論仮説の生成と要援護高齢者を含む双方向性の学び合いを支え合いにつなぐ講座の展開と高齢者による地域における社会活動の実態調査について. 要援護高齢者が主体となる地域で相互に学び合う・支え合う仕組みに関する研究平成27年度研究成果報告書. 2016. 1-229
  • 佐藤 陽. 社会的包摂に向けた福祉教育実践-コミュニティスクールを活用した地域福祉を推進するための福祉教育実践のあり方-. 貧困の連鎖を防止し学習支援に寄与する学校と地域協同による開発的福祉教育実践研究平成27年度研究成果報告書. 2016. 1-60
more...
Books (13):
  • 就労支援で高齢者の社会的孤立を防ぐ:社会参加の促進とQOLの向上
    ミネルヴァ書房 2016 ISBN:4623077454
  • 地域福祉の理論と方法-新・社会福祉士養成課程対応
    みらい 2014 ISBN:4860153359
  • 新福祉教育実践ハンドブック
    全国社会福祉協議会 2014 ISBN:4793511236
  • ソーシャルワーク演習のための88事例-実践につなぐ理論と技法を学ぶ
    中央法規出版 2013 ISBN:4805838132
  • コミュニティソーシャルワーク〈10〉特集 ソーシャルファームとコミュニティソーシャルワーク
    日本地域福祉研究所 2013 ISBN:4805865903
more...
Professional career (1):
  • 社会福祉学修士 (日本社会事業大学大学院)
Work history (1):
  • 2014/04 - 現在 Jumonji University
Committee career (8):
  • 2016 - 現在 日本福祉教育・ボランティア学習学会 常任理事
  • 2015 - 現在 和光市社会福祉協議会地域福祉活動計画推進委員会 委員長
  • 2015 - 現在 和光市地域福祉計画推進委員会 委員長
  • 2014 - 現在 川越市障害者施策審議会 会長
  • 2012 - 現在 川越市社会福祉審議会 地域福祉専門分科会委員
Show all
Association Membership(s) (3):
日本地域福祉学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本福祉教育・ボランティア学習学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page