Rchr
J-GLOBAL ID:200901001353075491   Update date: Apr. 04, 2017

Matsuo Eiji

マツオ エイジ | Matsuo Eiji
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Civil engineering (materials, implementation, construction management)
Research keywords  (8): 押抜きせん断 ,  床版 ,  骨材 ,  産業廃棄物 ,  Punching Shear ,  Slab ,  Aggregate ,  Industrial Waste
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 1998 - 石炭灰の有効利用に関する研究
  • 1998 - Effective Use of Fly Ash to Concrete
  • 1996 - 床版の押抜き強度に関する研究
  • 1996 - Punching Shear Strength of Slabs
  • 1.竹筋コンクリートの合理的設計に関する研究 2.発泡スチロール廃材から作製した細骨材を用いた軽量コンクリートの開発
Show all
MISC (78):
more...
Books (2):
  • Applicability of concrete with recycled aggregates to the pavement
    Proceedings of the XIIIth FIP Congress on Challenges for Concrete in the Next Millennium 1998
  • Applicability of concrete with recycled aggregates to the pavement
    Proceedings of the XIIIth FIP Congress on Challenges for Concrete in the Next Millennium 1998
Lectures and oral presentations  (41):
  • 発泡スチロール廃材のコンクリート用骨材としての有効利用
    (日本コンクリート工学協会中国支部,資源の有効利用に関する研究発表会論文報告集 2006)
  • 新材料によるヒートアイランド現象抑制効果とその評価方法
    (気象利用研究会平成18年度大会 2006)
  • 舗装道路の健康診断手法,及びその維持管理手法に関する基礎的研究
    (山口県土木建築部・山口大学工学部土木・建築系学科<br>官学勉強会・共同研究,平成17年度成果報告書 2006)
  • 水分蒸発を利用したクーラー室外機の排熱抑制に関する研究
    (第15回日本エネルギー学会年次大会講演要旨集 2006)
  • 日射によるヒートアイランドの抑制に関する研究
    (第15回日本エネルギー学会年次大会講演要旨集 2006)
more...
Works (4):
  • 石炭灰の有効利用に関する研究(転圧コンクリートの細骨材代替への活用および現場への適用性)
    2001 -
  • Effective Use of Coal Ash
    2000 -
  • 石炭灰の有効利用に関する研究
    2000 -
  • Effective Use of Coal Ash
    2000 -
Education (5):
  • 1993 - 1996 九州大学大学院 土木工学専攻博士課程
  • - 1996 Kyushu University
  • 1991 - 1993 九州大学大学院 土木工学専攻修士課程
  • 1987 - 1991 Kyushu University
  • - 1991 Kyushu University
Professional career (1):
  • Dr. Eng. (Kyushu University)
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Kyushu Sangyo University Professor
  • 2012/04 - 2017/03 Kyushu Sangyo University Faculty of Engineering Associate Professor
Committee career (4):
  • 2004 - 九州橋梁・構造工学研究会(KABSE)会報編集委員 九州橋梁・構造工学研究会(KABSE)会報編集委員
  • 2004 - 日本コンクリート工学協会九州支部「コンクリートの硬化・劣化過程の非接触全視野ひずみ計測に関する研究専門委員会」の委員 日本コンクリート工学協会九州支部「コンクリートの硬化・劣化過程の非接触全視野ひずみ計測に関する研究専門委員会」の委員
  • 2004 - 土木学会「材料劣化が生じたコンクリート構造物の構造性能研究小委員会」の委員 土木学会「材料劣化が生じたコンクリート構造物の構造性能研究小委員会」の委員
  • 2004 - 九州橋梁・構造工学研究会(KABSE)の会報編集委員 九州橋梁・構造工学研究会(KABSE)の会報編集委員
Association Membership(s) (3):
ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN ,  JAPAN CONCRETE INSTITUTE ,  JAPAN SOCIETY OF CIVIL ENGINEERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page