Rchr
J-GLOBAL ID:200901002886631899   Update date: Sep. 26, 2022

Ohjimi Hiroyuki

オオジミ ヒロユキ | Ohjimi Hiroyuki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/plastic/
Research field  (1): Plastic and reconstructive surgery
Papers (98):
more...
Books (19):
  • 専門医取得に必要な形成外科手技36ー口頭試問への対策ー(下) 第4章 腫瘍 26自家組織移植による乳房再建
    克誠堂出版 2015
  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 容貌老化:たるみ、しわ、輪郭、顔面骨格
    メジカルビュー社 2015
  • 褥瘡治療・ケアの「こんなときどうする?」 抗菌薬含有の外用薬・ドレッシング材を「使う・使わない」、どう判断する?
    照林社 2015
  • 褥瘡治療・ケアの「こんなときどうする?」 「炎症/感染徴候のある(I)」ときの外用薬・ドレッシング材、どう使う?
    照林社 2015
  • "開業医の外来小児科学 L外科疾患 漏斗胸,鳩胸 "
    南山堂 2013
more...
Lectures and oral presentations  (158):
  • 上肢外傷性主幹動脈損傷症例の検討
    (第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会 2017)
  • 左李肋部に限局した胸郭陥凹変形の1例
    (第17回Nuss法漏斗胸手術手技研究会 2017)
  • 小下顎症に用いるPre epiglottic baton plate(PEBP)のbatonの長さの設定方法と適合性の改良
    (第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 2017)
  • Binder症候群に起因する鼻上顎骨複合体の劣成長による骨格性反対咬合の1症例
    (第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 2017)
  • LVA術前に超音波検査でリンパ管を同定しえた経験
    (第105回九州・沖縄形成外科学会学術集会 2017)
more...
Education (1):
  • - 1980 Fukuoka University Faculty of Medicine School of Medicine
Professional career (2):
  • Ph.D. (Fukuoka University)
  • M.D. (Fukuoka University)
Work history (3):
  • 2007/04/01 - Professor and Chairman, Department of Plastic and Reconstructive Surgery, School of Medicine, Fukuoka University
  • 2005/10/01 - 2007/03/31 Professor, Department of Plastic, Reconstructive Surgery, Fukuoka University
  • 2005/10/01 - 2007/03/31 Professor, Department of Plastic, Reconstructive Surgery, Fukuoka University
Association Membership(s) (22):
日本形成外科手術手技学会 ,  日本頭蓋顎顔面外科学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本顔面神経外科学会 ,  Japan-China Congress Plastic and Reconstructive Surgery ,  日本創傷外科学会 ,  国際美容外科学会 ,  国際形成外科学会 ,  日本マイクロサージェリー学会 ,  日本熱傷学会 ,  日本口蓋裂学会 ,  日本頭蓋底外科学会 ,  日本シュミレーション外科学会 ,  日本先天異常学会 ,  日本創傷治癒学会 ,  日本褥瘡学会 ,  国際熱傷学会 ,  Japan Onco-Plastic Breast Surgery Society ,  ISAPS, international society of aesthetic plastic surgery ,  日本美容外科学会 ,  日本抗加齢医学会 ,  Japan Society of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page