Rchr
J-GLOBAL ID:200901003192936303   Update date: Sep. 01, 2020

Saruwatari Toshiro

サルワタリ トシロウ | Saruwatari Toshiro
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (4): Landscape science ,  Environmental agriculture ,  Aquaculture ,  Biodiversity and systematics
Research keywords  (6): 進化生態学 ,  水圏生態学 ,  魚類学 ,  Evolutionary Ecology ,  Aquatic Ecology ,  Ichhthyology
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2004 - 外洋性海山における底魚類の種多様性に関する研究
  • 2002 - トゲウオ目魚類の進化生態学
  • 2002 - Evolutionary ecology of Gasterosteiformes
  • 2001 - Reproductive biology of deep sea Ceratioid Anglerfishes
  • 2000 - メヒカリをモデルとした小型底魚類の生活史に関する研究
Show all
Papers (43):
MISC (71):
  • 猿渡敏郎. 新刊書紹介 動物分類学. 日本水産学会誌. 2009. 75. 3. 934
  • 猿渡敏郎, 星野浩一. マルアオメエソ Chlorophthalmus borealis Kuronuma and Yamaguchi 1941のホロタイプ(完模式標本)について. 海洋と生物. 2009. 30. 6. 760-761
  • 猿渡敏郎. メヒカリ(アオメエソ属魚類)の仔稚魚 小さな体が明かす大回遊. 海洋と生物. 2009. 30. 6. 733-739
  • 猿渡敏郎. 「メヒカリ」特集によせて. 海洋と生物. 2009. 30. 6. 727-728
  • 田中宏典, 猿渡敏郎. カニ類幼生研究の実際-スベスベマンジュウガニとアカマンジュウガニの個体発生を例に-. 研究する水族館 -水槽展示だけではない知的な世界-. 2009. 119-134
more...
Books (13):
  • 研究する水族館 -水槽展示だけではない知的な世界-
    東海大学出版会 2009 ISBN:9784486018247
  • 泳ぐDNA
    東海大学出版会 2007
  • 水族館の仕事
    東海大学出版会 2007
  • 魚類環境生態学入門 渓流から深海まで、魚と棲みかのインターアクション 東海大学自然科学叢書 2
    東海大出版会 2006
  • 地域生物資源活用大辞典
    (社)農山魚村文化協会 1998
more...
Lectures and oral presentations  (113):
  • アオメエソの分類・個体発生および生活史
    (西海区水産研究所 標本管理室お披露目式 ミニシンポジウム 2009)
  • Site-Specific PCRを用いたムロアジ属6種の種判別
    (日本DNA多型学会第18回学術集会 2009)
  • 水産総合研究センターの魚類標本コレクション-DNA研究への活用と課題
    (日本DNA多型学会第18回学術集会 2009)
  • サケ目に見られる異時性-サケ科の特異性
    (東京大学海洋研究所 共同利用シンポジウム「水生生物の異時性に関する研究。現状の把握と今後の展望。」 2009)
  • マンジュウガニ類の個体発生の比較
    (東京大学海洋研究所 共同利用シンポジウム「水生生物の異時性に関する研究。現状の把握と今後の展望。」 2009)
more...
Works (22):
  • 遡河性魚類の海洋生活期に関する研究
    1992 - 2005
  • 外洋性海山に生息する底魚類の種多様性に関する研究
    2004 -
  • メヒカリをモデルとした小型底魚類の生活史に関する研究
    2001 -
  • 汽水湖涸沼における両側回遊型アユ仔稚魚の滞留機構に関する研究
    1999 -
  • A Study on the retention mechanism of amphidromous Ayu larvae in brackish lake, Lake Hinuma
    1999 -
more...
Education (4):
  • - 1989 The University of Tokyo
  • - 1989 The University of Tokyo
  • - 1984 Tokai University Fisheries Resouces Exploitation
  • - 1984 TOKAI UNIVERSITY
Professional career (1):
  • Doctor of Agriculture
Work history (4):
  • 1989 - 2002 東京大学海洋研究所助手
  • 1989 - 2002 Assistant professor, Ocean Research Institute,
  • 2002 - - 東京大学海洋研究所 助教
  • University of Tokyo
Committee career (15):
  • 2011 - 現在 日本DNA多型学会 優秀研究賞選考委員会 委員長
  • 2008 - 現在 日本魚類学会 評議員
  • 2006 - 2011 日本DNA多型学会 評議員
  • 平成20-22年度 日本DNA多型学会 渉外委員会 委員
  • 平成20、21年度 日本DNA多型学会優秀研究賞 選考委員会副委員長
Show all
Awards (3):
  • 2011/10 - The Carcinological Society of Japan Society Award Larval development of two Artegatis species (Deacapoda, Xanthidae) describerd from laboratory reared material.
  • 2009 - 水産海洋学会(第11回)論文賞
  • 2005 - 日本DNA多型学会 第七回優秀研究賞 受賞
Association Membership(s) (7):
日本甲殻類学会 ,  日本水産海洋学会 ,  日本顕微鏡学会 ,  日本水産学会 ,  アメリカ魚類学者爬虫類学者協会(American Society of Ichthyologists and Herpetologists) ,  日本DNA多型学会 ,  日本魚類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page