Rchr
J-GLOBAL ID:200901005181452307   Update date: Aug. 28, 2019

Furusho Masataka

フルショウ マサタカ | Furusho Masataka
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (5): 西洋哲学 ,  実存思想 ,  現象学 ,  Existential Thought ,  Phenomenology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 言語と存在の哲学、生の現象学、時間論、感情論、共同体論、ハイデガー
  • Phenomenology of Life, Language, Emotion, Time, and Community. Heidegger
Papers (20):
  • 生きてあることにとって真であること. 『真理の再生』(哲学会編哲学雑誌第129巻801号)有斐閣. 2014. 68-84
  • FURUSHO, Masataka. Sprache, Sein und Selbst: Eine Besinnung auf das Mitgeschehen der jemeinigen Sterblichkeit. Annual Review of the Philosophical Association of Western Japan. 2013. 21. 137-154
  • Being Aware of One’s Own Life. Proceedings of the 6th BESETO Conference of Philosophy. 2012. 253-260
  • 形而上学の根源をめぐって-ハイデガーのプラトン解釈の一側面-. 『理想』理想社. 2011. 第686号. 125-137
  • 「翻訳」について-或いは諸言語の社会性の間隙に生成するものについての試論-. 山口大学人文学部異文化交流施設編『異文化研究』. 2008. vol.2. 138-146
more...
Books (5):
  • 『ハイデガー読本』
    法政大学出版局 2014 ISBN:9784588150708
  • 『自己』(共著、叢書「哲学への誘い-新しい形を求めて」第V巻、松永澄夫・浅田淳一編)
    東信堂 2010 ISBN:4798900230
  • 『文化と政治の翻訳学-異文化研究と翻訳の可能性』(共著・山本真弓編)
    明石書店 2010 ISBN:4750331805
  • 『ハイデッガーと思索の将来-哲学への〈寄与〉-』(共著・ハイデッガー研究会編)
    理想社 2006 ISBN:4650105382
  • 『ハイデガーの言語哲学・・・志向性と公共性の連関』
    岩波書店 2002 ISBN:4000267310
Education (4):
  • 1991 - 1998 東京大学大学院 哲学
  • 1991 - 1998 The University of Tokyo
  • 1987 - 1991 The University of Tokyo
  • 1987 - 1991 The University of Tokyo Department of Philosophy
Professional career (1):
  • Doctor of Letters, Master of Letters (The University of Tokyo)
Work history (4):
  • 2011/04 - 現在 - 東京大学大学院総合文化研究科准教授
  • 2005/04 - 2011/03 Yamaguchi University Faculty of Humanities
  • 2002/01 - 2005/03 Yamaguchi University Faculty of Engineering
  • 1998/11 - 2001/10 日本学術振興会特別研究員(PD)
Association Membership(s) (6):
哲学会 ,  西日本哲学会 ,  ハイデガー・フォーラム ,  実存思想協会 ,  日本現象学会 ,  日本哲学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page