Rchr
J-GLOBAL ID:200901007383514420   Update date: Oct. 29, 2020

Hori Hisao

ホリ ヒサオ | Hori Hisao
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.sci.kanagawa-u.ac.jp/chem/hori/
Research field  (2): Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology
Research keywords  (27): レニウム ,  超臨界水 ,  フッ素系イオン交換膜 ,  フッ素系イオン液体 ,  PVDF ,  ペルフルオロオクタンスルホン酸 ,  ペルフルオロアルキルスルホン酸 ,  フッ素ポリマー ,  フッ素 ,  分解 ,  光触媒 ,  PFOA ,  PFOS ,  亜臨界水 ,  熱水 ,  過硫酸 ,  環境残留性 ,  界面活性剤 ,  ペルフルオロオクタン酸 ,  光分解 ,  無害化 ,  ペルフルオロスルホン酸膜 ,  ペルフルオロカルボン酸 ,  ヘテロポリ酸 ,  二酸化炭素 ,  燃料電池 ,  有機フッ素化合物
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2018 - 2021 金属酸化物の熱水反応場分解を利用した先端フッ素材料の非焼却分解・再資源化システム
  • 2015 - 2019 Efficient photochemical recovery of rhenium from aqueous solutions
  • 2015 - 2018 Development of non-incineration and recycling system of melt-processable fluoropolymers based on subcritical water reactions
  • 2012 - 2012 電解硫酸の光励起に基づく電子産業用有機フッ素化合物の分解・無害化反応システム
  • 2012 - 2012 エネルギーデバイス用フッ素系イオン液体の非焼却分解・再資源化反応システムの開発
Show all
Papers (93):
more...
Patents (8):
  • フッ素系イオン交換樹脂膜の分解方法
  • フッ素系有機化合物の熱水分解法
  • フルオロカルボン酸類の分解方法
  • 二酸化炭素の光還元方法
  • レニウムの回収方法、レニウムとその他の金属とを含む溶液からレニウムを選択的に回収する方法、及びレニウムとその他の金属とを含む溶液にてレニウムの含有比率を高める方法
more...
Books (2):
  • フッ素化合物の分解と環境化学
    共立出版 2017 ISBN:9784320044654
  • 国内外におけるPFOS/PFOAの最新規制動向と対応策
    技術情報協会 2008
Education (3):
  • 1987 - 1990 Keio University
  • 1985 - 1987 Keio University
  • 1981 - 1985 Keio University Department of Applied Chemistry
Professional career (1):
  • 工学博士
Work history (7):
  • 2010/04 - 現在 Kanagawa University Faculty of Science
  • 2004/05 - 2010/03 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
  • 2001/04 - 2004/04 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
  • 1994/10 - 2001/03 通商産業省工業技術院資源環境技術総合研究所 主任研究官
  • 1997/11 - 1998/10 マックスプランク石炭科学研究所 客員研究員(科学技術庁長期在外研究員)
Show all
Committee career (5):
  • 2019/09 - 現在 大磯町環境審議会 委員長
  • 2013/05 - 現在 平塚市 環境審議会 副委員長
  • 2013/08 - 2014/07 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員等審査会及び国際事業委員会書面審査員
  • 2009/09 - 2011/03 環境省 POPs廃棄物適正処理等検討会委員
  • 2008/12 - 2010/11 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
Awards (2):
  • 2017/10 - 一般社団法人産業環境管理協会 リサイクル技術開発本多賞(第22回) 光化学的手法による水中からのレニウムの効率的な回収
  • 2007/05 - 化学・バイオつくば財団 第15回化学・バイオつくば賞 環境残留性有機フッ素化合物の分解・無害化反応システムの開発
Association Membership(s) (6):
American Chemical Society ,  JAPAN SOCIETY FOR ENVIRONMENTAL CHEMISTRY ,  JAPAN SOCIETY ON WATER ENVIRONMENT ,  THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN ,  資源・素材学会 ,  日本フッ素化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page