Rchr
J-GLOBAL ID:200901007836809613   Update date: Dec. 06, 2018

Tanahasi Kenji

Tanahasi Kenji
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2017 - 2021 IBの理念を踏まえたカリキュラム・授業・評価の開発的研究
  • 2018 - 2018 中等教員としての資質・能力育成の体系化・プログラム化による教科教育コアカリキュラム-教科教育科目と教科内容科目の有機的連携-
  • 2014 - 2017 地域づくりの担い手育成を目指した社会科主権者教育プログラムの開発・実践
  • 2015 - 2016 国際バカロレア日本語科目「歴史」のモデルカリキュラム・授業の開発
  • 2012 - 2015 指導法と教科内容を統合した養成・研修一貫プログラムによる社会科授業力育成研究
Show all
Papers (2):
  • 国際協力版「授業研究入門マニュアル」の開発(3). 広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書. 2016. 14. 85-90
  • グローバル人材を育成する教育・教室・教師. 21世紀の教育の創造 授業と教師力. 2015. 20. 1-10
Books (28):
  • 授業が変わる! 新しい中学社会のポイント
    日本文教出版 2017
  • 平成29年版 学習指導要領改訂のポイント 小学校・中学校 社会
    明治図書出版 2017
  • 中等社会系教育
    協同出版 2014 ISBN:9784319106837
  • 『発展途上国の持続的発展を担う次世代育成システムの改善-ドミニカ共和国をフィールドとした教員養成の質向上に関する研究-』平成22-24年度科学研究費補助金(基盤研究A)報告書
    2013
  • 新版 社会科教育学事典
    ぎょうせい 2012
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • Significado, Caracerísticas y Métodos del Desarrollo de las Capacidades de los Docentes Universitarios:Introducción del “Estudio de la Clase” para formar a docentes comprometidos con el aprendizaje contin uno (丸山恭司と共同発表)
    (1er Congreso de la Facultad de Ciencias de la Educación por un Mundo Mejor: Currículo y Formación Docente, UASD, Santo Domingo, Dominican Republic 2013)
  • 大学での教員養成の意義・特徴・方法-学び続ける教員を育てる「授業研究」の導入-
    (サントドミンゴ自治大学「授業研究」シンポジウム(ドミニカ共和国) 2013)
Education (3):
  • 1983 - 1986 Hiroshima University
  • 1981 - 1983 Hiroshima University
  • 1977 - 1981 Hiroshima University
Professional career (2):
  • Doctor of Philosophy in Education (Hiroshima University)
  • Master of Education (Hiroshima University)
Work history (6):
  • 2004/04/01 - Hiroshima University Graduate School of Education
  • 2001/04/01 - Hiroshima University Graduate School of Education
  • 1994/04/01 - Hiroshima University School of Education
  • 1991/04/01 - 1994/03/31 Naruto University of Education College of Education
  • 1989/04/01 - 1991/03/31 Naruto University of Education College of Education
Show all
Committee career (18):
  • 2017/02 - 2019/01 (株)日本文教出版 著作者(教科書等)
  • 2017/05 - 2018/03 広島県立教育センター 研究指導者
  • 2017/04 - 2018/03 公益信託小貫英教育学研究助成記念基金 公益信託小貫英教育学研究助成記念基金運営委員
  • 2017/11 - 2017/11 ひろしま平和貢献ネットワーク協議会 カンボジア復興支援プロジェクト教育専門家
  • 2016/04 - 2017/03 公益財団法人広島大学教育研究支援財団 助成選考委員会委員
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page