Rchr
J-GLOBAL ID:200901008477834239   Update date: Sep. 01, 2020

Ikeda Keiko

イケダ ケイコ | Ikeda Keiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Local studies
Research keywords  (7): ESD ,  開発教育 ,  国際協力 ,  災害脆弱性とレジリエンス ,  バングラデシュ ,  ジェンダー ,  災害・防災・復興
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2017 - 2020 女性の参画で巨大地震に備える-静岡県の地域防災体制へのジェンダー視点の定着
  • 2012 - 2015 バングラデシュ農村における「ジェンダーと開発」の展開と女性に対する暴力
  • 2008 - 2011 日本における災害被害と防災サイクルのジェンダー分析
  • 2003 - 2006 バングラデシュ農村における自然災害の被害と回復能力のジェンダー格差とその変容
  • 2001 - 2003 バングラデシュ農村における環境の季節変化からの回復能力とその変容
Papers (17):
  • 池田 恵子. The Rise of Mediation (Salish) : Intervening gender-based violence in Bangladesh. 2017. 第67号. (num). 1-16
  • 責任著者, 池田 恵子, 共著者, 浅野 幸子. From Policy to Action: Mainstreaming Gender and Diversity Perspectives in Local Disaster Preparedness System. Journal of Social Safety Science. 2016. 29. (num). 165-174
  • 宇都宮裕章, 色川卓男, 益川弘如. 教員養成における学習開発学の創造. 静岡大学教育学部付属教育実践総合センター紀要. 2015. 24. (num). 1-14
  • 池田 恵子. 「災害時におけるジェンダーに基づく暴力」研究 -海外の動向と今後の展望. 国際ジェンダー学会誌. 2014. 12. 5-20
  • 池田 恵子. 女性の視点による被災者ニーズの把握- 東日本大震災における活動経験の聴き取り調査から-. 国際ジェンダー学会誌. 2012. 10. 9-32
more...
MISC (21):
  • 皆の願い・・・災害時にも安全安心に暮らしたい ~災害時の性暴力・DV防止対策~. 近代消防. 2019. 57. 12. 98-101
  • 池田 恵子. 日本の防災施策にこそ求められる「人間の安全保障」の観点. 学術の動向. 2019. 24. 6. 16-19
  • 男女共同参画の視点による避難所運営. 季刊 消防防災の科学. 2019. No135. 28-31
  • ジェンダーの視点から見る災害. 性の健康. 2018. Vol.17. No.3. 5-10
  • 池田 恵子. 男女共同参画・多様性配慮の視点 -教訓を継承し、定着を目指す(特集:東日本大震災7年--復興への道筋探る報道). 新聞研究. 2018. 801. (num). 40-43
more...
Books (12):
  • 防災・減災と男女共同参画 (「2017年度女性・地域住民から見た防災・災害 リスク削減策に関する調査」報告)東京大学社会科学研究所研究シリーズ No.66
    東京大学社会科学研究所 2019
  • バングラデシュを知るための66章(第3版)
    明石書店 2017
  • 男女共同参画の視点で学ぶ防災ワークブック
    減災と男女共同参画 研修推進センター 2014
  • 男女共同参画の視点で実践する災害対策:テキスト災害とジェンダー<基礎編>
    東日本大震災女性支援ネットワーク 2013
  • イラスト教材 災害におけるジェンダー課題 その対応・対策を考える研修の手引き
    東日本大震災女性支援ネットワーク 2013
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • Shifting Connotation of ‘Gender Needs’ and ‘Leading Women’s Roles’ in Community-based Disaster Risk Management in Japan
    (7th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia 2019)
  • ジェンダー・多様性の視点による防災施策進捗の地方差 ~2008年および2017年の全国調査の比較から
    (国際ジェンダー学会2019年大会 個人発表 2019)
  • 災害対応・防災を担う女性たち~地域コミュニティの防災体制における位置づけ~
    (第5回震災問題研究交流会(第5回震災問題研究交流会報告書) 2019)
  • 10年の変化の評価の試み(防災・減災と男女共同参画 2017年度自治体調査の結果から)
    (東京大学社会学研究所 第30回社研シンポジウム 2019)
  • Evolution of Gender and Development Policy and Gender-based Violence in Bangladesh
    (Symposium:Protection of Women’s Rights in Bangladesh 2019)
more...
Professional career (1):
  • 修士(社会学) (一橋大学)
Committee career (23):
  • 2017/10 - 2019/09 国際ジェンダー学会 理事(研究担当)
  • 2017/10 - 2019/09 静岡県 情報公開審査委員会委員
  • 2018/09 - 2019/08 静岡県社会福祉協議会 静岡県社会福祉協議会 地域づくり推進委員会
  • 2018/07 - 2019/03 外務省 女性・平和・安全保障に関する行動計画評価委員
  • 2017/12 - 2019/03 静岡県 男女共同参画企画会議委員
Show all
Association Membership(s) (6):
地域安全学会 ,  開発教育協会 ,  環境社会学会 ,  日本地理学会 ,  日本南アジア学会 ,  International Society for Gender Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page