Rchr
J-GLOBAL ID:200901010745881037   Update date: Aug. 29, 2020

Motohashi Yoshinobu

モトハシ ヨシノブ | Motohashi Yoshinobu
Research field  (4): Material fabrication and microstructure control ,  Structural and functional materials ,  Metallic materials ,  Machine materials and mechanics
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1980 - 超塑性材料(セラミックス、アルミニウム系、マグネシウム系、チタン系合金等)とその応用、機能材料(形状記憶合金等)とその応用
  • 1980 - Superplasticity in Ceramics, metals and alloys, and its applications to various fields, Functional Materials,
MISC (418):
Books (19):
  • Method for evaluation of tensile properties of metallic superplastic materials
    International standard ISO 20032:2007(E) 2007
  • Method for evaluation of tensile properties of metallic superplastic materials
    International standard ISO 20032:2007(E) 2007
  • 構造用金属間化合物の標準化に関する調査研究、石油代替用新素材の試験・評価方法の標準化に関する研究成果報告書
    ニューマテリアルセンター 1998
  • 超塑性材料の標準化に関する調査研究、石油代替用新素材の試験・評価方法の標準化に関する研究成果報告書
    ニューマテリアルセンター 1998
  • 石油代替電源用新素材の試験・評価方法の標準化に関する調査研究成果報告書(H8年度)
    ニューマテリアルセンター 1997
more...
Lectures and oral presentations  (285):
  • A New Plastic Working Method for Magnesium Alloys by Means of Friction Stir Technology
    (8th Int.Conf.on Magnesium Alloys and their Applications, Weimar,Germany 2009)
  • A Novel Method of Shaping a Boss on Magnesium Alloy Sheet by Friction Stir Technology
    (8th Int.Conf.on Magnesium Alloys and their Applications, Weimer,Germany 2009)
  • 原子炉用黒鉛の大気中酸化の及ぼす外部(剪断)応力の効果と酸化された黒鉛の機械的性質
    (日本機械学会 関東支部 第15期 総会講演会講演論文集 2009)
  • タングステン接合材料の組織と特性に及ぼすイオン照射効果
    (平成20年度超塑性工学研究センター研究成果報告会 2009)
  • 超塑性セラミックス3Y-TZP のイオン照射による粒界脆化
    (平成20年度超塑性工学研究センター研究成果報告会 2009)
more...
Works (20):
  • 革新的高温ガス炉燃料・黒鉛に関する技術開発
    2008 -
  • 軽金属材料の三次元精密順送プレス技術
    2008 -
  • FSPTを応用したプレス金型に関する研究
    2008 -
  • ECAE法およびFSPによるAl系合金の組織微細化と超塑性現象の研究
    2008 -
  • 7000系Al合金およびZK60AMg合金の摩擦攪拌接合(FSW)
    2008 -
more...
Education (2):
  • - 1972 Tokyo University of Science
  • - 1972 Graduate School, Science University of Tokyo Physics
Professional career (1):
  • Dr.Science (Science University of Tokyo)
Work history (12):
  • 1995 - 2000 :茨城大学工学部教授
  • 1995 - 2000 :Professor,Ibaraki University
  • 2000 - -:茨城大学工学部超塑性工学研究センター長に併任、現在に至る
  • 2000 - -:Head of the Research Center for Superplasticity, Ibaraki University
  • 1987 - 1995 :茨城大学工学部助教授
Show all
Awards (7):
  • 2004 - 日本機械学会 機械材料・材料加工部門賞(優秀講演論文部門)
  • 2003 - Most Original Poster Award, ICSAM, Oxford, U.K.
  • 2003 - Most Original Poster Award, ICSAM, Oxford, U.K.
  • 1995 - 日本塑性加工学会賞論文賞
  • 1994 - 日本塑性加工学会賞技術開発賞
Show all
Association Membership(s) (6):
超塑性研究会 ,  日本原子力学会 ,  (社)日本金属学会 ,  (社)日本塑性加工学会 ,  (社)軽金属学会 ,  日本機械学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page