Rchr
J-GLOBAL ID:200901012247377260   Update date: May. 31, 2021

Nakatsuji Hiroki

ナカツジ ヒロキ | Nakatsuji Hiroki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.rakuno.ac.jp/
Research field  (1): Animal production science
Research keywords  (6): 粗飼料 ,  乳生産 ,  乳牛 ,  放牧 ,  土地生産性 ,  Animal Production System
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2020 - 2022 「群飼育下の乳用雌哺育牛から体調不良個体を早期検出するリアルタイムモニタリング技術の開発」(体調不良哺育牛の早期発見技術開発コンソーシアム)
  • 2019 - 2021 乳牛預託哺育・育成牧場の飼養管理実態調査事業
  • 2009 - 2011 Analysis of behavior of grazing cows by the movable body recognition and the analysis system using an automatic following system
  • 2009 - 2011 Acquisition of crop growth information by airborne laser scanner
  • 2005 - 2007 乳牛の放牧飼養における草地管理への野外観測用可視・近赤外分光計測器の応用
Show all
Papers (69):
more...
MISC (326):
  • 中辻浩喜. 移行期管理を再確認する 1乳牛生理を踏まえた栄養管理のポイント. Dairyman. 2021. 71. 4. 36-38
  • 中辻浩喜. 栄養学からみる乾乳期および分娩移行期管理の重要性. ファーマーズアイ,2020夏 vol.319. 2020. 3-9
  • 中辻浩喜. 北海道型粗飼料構成での飼料米の給与効果 トウモロコシ利用乳と成分,おいしさに違いなし. Dairyman. 2018. 68. 11. 42
  • 中辻浩喜. 高泌乳牛管理の注意点とその栄養について. 酪農ジャーナル電子版(酪農PLUS). 2018
  • 外岡文佳, 小泉朋美, 佐藤加奈, 西原康陽, 舘 和音, 池澤里奈, 奥山 尚, 小野寺ゆきこ, 池田 栞, 津田洸樹, et al. 乳牛への飼料米給与が飼料摂取量、乳生産および牛乳の脂肪酸組成と“おいしさ”に及ぼす影響. 酪農ジャーナル電子版【酪農PLUS+】. 2018
more...
Books (22):
  • 健康な子牛育成のための群管理 ~これからのハードヘルス学入門~(及川 伸)
    緑書房,東京 2021
  • 北海道酪農の 150 年の歩みと将来展望 -酪農技術の発展と酪農哲学の再考-(監修 干場信司)
    北海道酪農の歩みと将来展望を考える会,デーリィマン社,札幌 2021
  • 飼料設計・給餌の基本と実践(監修 泉 賢一)
    デーリィマン臨時増刊号,デーリィマン社,札幌 2020
  • Handbook of agricultural machinery and food engineers
    2020 ISBN:9784339052671
  • 日本飼養標準・乳牛(2017年版)(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 編)
    中央畜産会,東京 2017
more...
Lectures and oral presentations  (288):
  • ウインドレス条件下で点灯した LED 照明の色の違いが肥育豚の発育,産肉および行動 に及ぼす影響
    (第11回日本養豚学会大会 2019)
  • 濃厚飼料生産を含む土地面積当りの牛乳生産(テーマ:濃厚飼料を給与する高泌乳生産は本当に効率的な土地利用か?)
    (2018年度北海道畜産草地学会ワークショップ 2018)
  • 酪農学園大学におけるFEDRECを活用した実習教育とその役割 -ICTを活用した酪農の推進に貢献する?-(「食・農エコシステム」のための「デジタル農業」×「国際認証」×「調理」 (大会テーマ:日本最北端の村で考える「デジタル社会における農林水産業の姿」)
    (農業情報学会2018年度秋季大会 2018)
  • 微細藻類Coccomyxa抽出物多糖体鼻腔内噴霧が子豚の発育,血液成分および呼吸器疾病感染防御に及ぼす影響
    (日本養豚学会大会講演要旨 2018)
  • 中ヨークシャー種妊娠豚における単飼豚房から分娩豚房への移動後経過日数が行動およびストレス指標物質に及ぼす影響
    (日本養豚学会大会講演要旨 2017)
more...
Education (3):
  • 1984 - 1986 Graduate School of Hokkaido University
  • 1982 - 1984 Hokkaido University
  • 1980 - 1982 Hokkaido University
Professional career (2):
  • Dr. Agr. (Hokkaido University)
  • Mr. Agr. (Hokkaido University)
Work history (11):
  • 2012/04 - 現在 Rakuno Gakuen University Department of Sustainable Agriculture, College of Agriculture, Food and Environment Sciences
  • 2017/04 - 2020/03 Rakuno Gakuen University Department of Sustainable Agriculture, College of Agriculture, Food and Environment Sciences
  • 2013/04 - 2017/03 酪農学園フィールド教育研究センター センター長
  • 2011/04 - 2012/03 Rakuno Gakuen University Department of Sustainable Agriculture, College of Agriculture, Food and Environment Sciences
  • 2006/04 - 2011/03 Hokkaido University Graduate School of Agriculture Research Faculty of Agriculture, Division of Bioresources and Product Science
Show all
Committee career (14):
  • 2021/04 - 現在 北海道畜産草地学会 会長
  • 2021/04 - 現在 日本畜産学会 理事
  • 2012/01 - 現在 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構農業研究本部 北海道農業試験会議 畜産部会, 外部有識者
  • 2011/04 - 現在 日本草地学会 評議員
  • 2005/04 - 現在 日本草地学会 和文誌編集委員
Show all
Awards (2):
  • 2008/12 - 北海道草地研究会 北海道草地研究会賞
  • 1988/09 - 日本畜産学会北海道支部 日本畜産学会北海道支部賞
Association Membership(s) (8):
THE JAPANESE SOCIETY OF SWINE SCIENCE ,  JAPANESE SOCIETY OF EQUINE SCIENCE ,  THE RESEARCH ASSOCIATION OF BIOGAS, HOKKAIDO ,  HOKKAIDO SOCIETY OF LIVESTOCK GRASSLAND SCIENCE ,  JAPANESE SOCIETY OF SHEEP SCIENCE ,  JAPANESE SOCIETY FOR LIVESTOCK MANAGEMENT ,  JAPANESE SOCIETY OF GRASSLAND SCIENCE ,  JAPANESE SOCIETY OF ANIMAL SCIENCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page