Rchr
J-GLOBAL ID:200901014987142471   Update date: Jan. 21, 2022

Hosoda Satoshi

ホソダ サトシ | Hosoda Satoshi
Affiliation and department:
Research field  (3): Experimental psychology ,  Educational psychology ,  Social psychology
Research keywords  (4): 事故分析 ,  緊急時 ,  安全文化 ,  ヒューマンファクター
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2024 都市型限界集落を対象とした地域コミュニティ主体の包括的危機管理モデルの構築
  • 2007 - 2009 Research on the necessary technical base construction for safety of plant system in China
  • 2002 - 2003 Research on system operator's cognitiver skill acquisition process.
  • 2002 - 2002 客観状況と主観状況に基づく事故発生メカニズムの解明に向けたプロジェクト企画
  • 1999 - 2000 問題解決過程におけるチーム内役割分担の動態解析
Show all
Papers (33):
more...
MISC (24):
  • Training Non-technical/Resilience Skills (2) Focusing on Simulation Trainings. Japan Association of Industial/Organizational Psychology Journal. 2020. 34. 1. 71-75
  • Memories of Professor Mieko Takahashi. 2019. 141. 1-3
  • 細田 聡. うっかりの心理学 : 間違いながら暮らしている!? (特集 家庭内の事故を減らすために). 国民生活. ウェブ版 : 消費者問題をよむ・しる・かんがえる. 2017. 58. 1-3
  • 細田 聡. 産業・組織心理学会 第32回大会 さまざまな趣向を凝らして. 労働の科学 = Digest of science of labour. 2016. 71. 9. 552-554
  • 細田 聡, 金井 篤子, 杉本 徹雄. 第28回大会シンポジウム報告 2012年9月1日(土) 於 : 文教大学越谷キャンパス 複雑化する社会において産業・組織心理学は何ができるか,何をなすべきか. 産業・組織心理学研究. 2013. 26. 2. 169-176
more...
Books (16):
  • よりよい仕事のための心理学 : 安全で効率的な作業と心身の健康
    北大路書房 2019 ISBN:9784762830877
  • ヒューマンエラーの理論と対策
    NTS 2018 ISBN:9784860435271
  • 社会学部で学ぶ : 大学生のスタディスキルズ
    関東学院大学出版会 2017 ISBN:9784901734660
  • 産業・組織心理学
    白桃書房 2017 ISBN:9784561266839
  • 最新心理学事典
    平凡社 2013 ISBN:9784582106039
more...
Lectures and oral presentations  (26):
  • 親会社と子会社・関連会社間における安全文化の評価方法の検討
    (日本応用心理学会大会発表論文集 2019)
  • 産業組織の部署間で発生するコミュニケーション・エラーとその要因の検討 産業組織での行動をシミュレートする課題を使用した安全研修のケーススタディ
    (日本応用心理学会大会発表論文集 2019)
  • 組織間における安全文化の問題点の事例検討-本社・事業場間および発注・受注者間に着目して-
    (日本応用心理学会大会発表論文集 2018)
  • 請負業務における挟まれ事故事例の要因分析
    (日本応用心理学会大会発表論文集 2015)
  • 問題解決場面での情報伝達を阻害する要因に関する一考察-ICTの利用をシミュレートした課題での検討-
    (日本応用心理学会大会発表論文集 2015)
more...
Education (3):
  • 1992 - 1994 Japan Society for the Promotion of Science
  • 1989 - 1992 Hokkaido University
  • 1987 - 1989 Hokkaido University
Professional career (1):
  • 博士(行動科学) (北海道大学)
Work history (4):
  • 2015/04 - 現在 Kanto Gakuin University
  • 2008/04 - 2015/03 Kanto Gakuin University
  • 2002/04 - 2008/03 Kanto Gakuin University
  • 1994/04 - 2002/03 The Ohara Memorial Institute for Science of Labour
Committee career (4):
  • 2018/04 - 現在 人事院 安全専門委員会
  • 2016/09 - 現在 東京消防庁 警防業務事故再発防止対策検討部会
  • 2012/10 - 2014/09 消費者庁 消費者安全調査委員会
  • 産業・組織心理学会 常任理事
Association Membership(s) (3):
産業・組織心理学会 ,  日本応用心理学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page