Rchr
J-GLOBAL ID:200901015357228838   Update date: Apr. 08, 2020

Miki Hizuru

ミキ ヒズル | Miki Hizuru
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Sociology ,  Sociology
Research keywords  (5): ニューカマー宗教の社会学 ,  大都市近郊民俗宗教の実証的研究 ,  被災地における宗教の社会的役割研究 ,  宗教集団論・組織論 ,  Sociology of Religion
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2015 - 2018 被災した心の復興、そして惨事の記憶の継承に関する宗教社会学的研究
  • 2008 - 2010 外来宗教の社会学的研究
  • 2008 - 2009 都市における民俗宗教の実証的研究
  • 1998 - 2000 阪神大震災被災地における宗教の実証的研究
  • 1997 - 1998 地域の復興と都市宗教の力
Show all
Papers (6):
  • MIKI Hizuru. "Past and Present' of Religions in the Damaged Areas of the Hanshin-Awaji Great Earthquake. 2012. 373
  • 三木 英. 近年における外国籍住民とその宗教. 『宗務時報』. 2012. 114
  • 三木 英. 記憶と人をつなぎ続ける難しさ-かつての被災地の事例から. 『現代宗教2012』. 2012
  • MIKI Hizuru. Religious Newcomers in Local Japanese Society:Relations between Newly Importede Religions and Host Communities. Journal of Religious Studies. 2012. 371. 45-70
  • ́Toward a New Paradigm of Religious Organizations ́. International Journal of Japanese Sociology. 1999. 8. 141-159
more...
MISC (21):
  • 三木 英. 現代日本におけるイスラームの受容?. UAE. 2014. 56. 26-29
  • 「タイにおける死者世界と生者の世界-死体への意識をめぐる比較宗教文化試論」. 『日本人の価値意識と宗教意識の国際比較研究-脱欧入亜の視点から』平成17-19年度科学研究費補助金(基盤研究(A)研究成果報告書/279~286頁. 2008
  • 「不慮の災いと宗教の癒し」. 『宗教と現代がわかる本2008』平凡社. 2008
  • 「タイにおける死者世界と生者の世界-死体への意識をめぐる比較宗教文化試論」. 『現代人の価値意識と宗教意識の国際比較研究-脱欧入亜の視点から』平成17~19年度科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書. 2008. 279-286
  • (書評)小笠原眞著『ヴェーバー宗教社会学の新展開』(有斐閣、2003). 『ソシオロジ』. 2005. 50. 328
more...
Books (35):
  • 『被災記憶と心の復興の宗教社会学-日本と世界の事例に見る』
    明石書店 2020
  • 解きながら学ぶ日本と世界の宗教文化
    集広舎 2019
  • 『現代日本の宗教事情』
    2018
  • 『被災した心の復興、そして惨事の記憶の継承に関する宗教社会学的研究』
    科学研究費補助金研究成果報告書(基盤研究C2015-2017) 2018
  • 『異教のニューカマーたち:日本における移民と宗教』
    森話社 2017
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • Integration and Isolation:Religions of Foreign Residents who Immigrated to Japan
    (International Sociological Association,the 17th World Congress 2010)
  • From Authority to Autonomy: the Rise in the Religious Intellectual Level of the Common People
    (International Association for the History of Religion,the 19th World Congress 2003)
  • After the Great Earthquake: Emergent Prayer for Humanity Supreme
    (International Sociological Association,the 15th World Congress 2002)
  • A Reconsideration of Relative Deprivation Theory of Religion
    (International Sociological Association,the 14th World Congress 1998)
  • Towards a New Paradigm of Religious Organizations and Solidarity in Japan
    (International Sociological Association,the 13th World Congress 1994)
Works (1):
  • The Positivistic Study on Religion in the Earthguake Stricken Areas
    1998 - 1999
Education (4):
  • - 1987 Osaka University
  • - 1987 Osaka University Sociology
  • - 1982 Osaka University
  • - 1982 Osaka University Sociology
Professional career (2):
  • Master of Arts (Osaka University)
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
Work history (10):
  • 2000 - 2002 Osaka International University
  • 2000 - 2002 Osaka International University, Assistant Professor
  • 2002 - - 大阪国際大学 教授
  • 2002 - - Osaka International university, Professor
  • 1990 - 2000 英知大学 助教授
Show all
Committee career (6):
  • 2019/09 - 現在 日本宗教学会 理事
  • 2014/06 - 現在 公益財団法人 国際宗教研究所 常務理事
  • 2011/01 - 現在 宗教文化教育推進センター 運営委員
  • 2007 - 2009 「宗教と社会」学会 会長
  • 2004 - 2007 「宗教と社会」学会 編集委員会主任
Show all
Association Membership(s) (5):
「宗教と社会」学会 ,  関西社会学会 ,  International Sociological Association ,  日本宗教学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page