Rchr
J-GLOBAL ID:200901017940862750   Update date: Dec. 21, 2020

Nakayama Makiko

ナカヤマ マキコ | Nakayama Makiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.dwc.doshisha.ac.jp
Research field  (4): Gender studies ,  Home economics, lifestyle science ,  Early childhood education and childcare ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (6): ジェンダー研究・女性学 ,  文化人類学 ,  子ども学 ,  家族論 ,  Family studies ,  Gender studies/Women's studies
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2005 - 2008 『女性の身体をめぐる政策形成過程・政策推進過程の研究-暴力の防止に関する政策を対象として-』
  • 2003 - 2007 「ジェンー研究のフロンティア」TeamC-4
  • 2001 - 2003 豊かな人間像の獲得:リプロダクション
  • 2001 - 2003 『日本の母子政策に関する研究-リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点から-』(
  • 2001 - 2002 -
Show all
Papers (42):
  • The Introduction of the “Neuvola Policy” into Japan and “Comprehensive Support Centers for Families with Children”. 2020. 第71巻. 63-82
  • 中山 まき子. 日本の子産み・子育て政策の現状と課題ー当事者主体の政策へ. 同志社女子大学総合文化研究所紀要. 2019. 第36巻. 112-137
  • 中山 まき子. 女性の身体をめぐる政策形成過程・政策推進過程の研究. 2005-2008年度科学研究費補助金 基盤(C) 成果報告書、研究課題番号:17510229. 2010. 全6頁
  • 原ひろ子, 中山 まき子, 渡辺美穂. 女性に対する暴力の根絶を目指すフィリピン共和国の取り組みー施行推進のためのトレーニングとそのマニュアルを中心にー. お茶の水女子大学21世紀COEプログラム・ジェンダー研究のフロンティア、『F-GENS 10号』. 2008. 100-101
  • 原ひろ子, 中山 まき子, 渡辺美穂. リプロダクティブ・ヘルス/ライツおよび女性への暴力に関する政策施行推進状況調査. Frontiers of Gender Studies. OCHANOMIZU UNIVERSITY The 21st Century COE Program. F-GENS Publication Series 31. 2008. 全49頁
more...
Books (42):
  • 1934-2019年その人生の軌跡ー原ひろ子先生の業績一覧ー
    原ゼミの会 2019
  • 産み育てと助産の歴史-近代化の200年をふり返るー「持続可能な公営助産所とはー21世紀を加えて-」163-176
    医学書院 2016
  • 出産施設はなぜ疲弊したの かー日母産科看護学院・医療法改定・厚生諸政策のゆくえー、全411頁
    日本評論社 2015
  • 世界民族百科事典
    丸善出版 2014
  • ヒトの子育ての進化と文化-アロマザリングの役割を考える
    有斐閣 2010
more...
Lectures and oral presentations  (43):
  • ジェンダー研究の先駆者に学び未来を展望するー原ひろ子さんの研究足跡に立脚してー
    (国際ジェンダー学会2020年大会(和洋女子大) 2020)
  • 当事者・ケア・政策を考えるー産み・育てを素材としてー
    (国際ジェンダー学会2019大会(立教大学) 2019)
  • シンポジウム:「子産み・子育て」に対する養育者・支援体制・政策の関わりーフィンランド・ニュージーランド・日本の事例からー
    (第28回日本家族社会学会(中央大学) 2018)
  • 少子化社会と出産支援のゆくえー「助産・介助」から「管理・中央管理」へー
    (第27回家族社会学会大会 (於:京都大学) 2017)
  • 出産施設<病院・診療所・助産所>の激減と連動関係-三種の判断基準とポリティックスー
    (国際ジェンダー学会 第2017年度大会 (於:明星大学) 2017)
more...
Works (9):
  • ジェンダーと健康に関する研究
    1999 - 2019
  • 子産み・子育てと日本の政策
    中山 まき子 1995 - 2019
  • 漁師町のフィールド調査-日本の漁業者家族の変容
    1992 - 2019
  • 全国の母子保健・母子健康センター施設に関する調査・研究
    2001 - 2017
  • フィリピン共和国におけるDV政策の形成過程と現場の実態に関する調査
    中山 まき子 2004 - 2009
more...
Education (3):
  • - 2000 Ph.D in Gender Studies (Ochanomizu Univ.)
  • - 1990 Ochanomizu University
  • - 1987 Ochanomizu University
Professional career (1):
  • Gender Studies (Ochanomizu University)
Work history (18):
  • 2019/04 - 現在 Doshisha Women's College of Liberal Arts
  • 2008/04 - 2019/03 Doshisha Women's College of Liberal Arts
  • 2004/04 - 2019/03 Doshisha Women's College of Liberal Arts
  • 2013/04 - 2014/03 The University of Tokyo Institute of Social Science
  • 2005/04 - 2013/03 高知女子大学大学院 兼任講師
Show all
Committee career (19):
  • 2016 - 現在 国際ジェンダー学会 評議員
  • 2016/12 - 2017/11 日本学術振興会科学研究費委員会 専門委員
  • 2015/08 - 2016/07 日本学術会議特別研究員等審査委員会及び国際事業委員会 書面審査委員・書面評価委員
  • 2008/12 - 2015/11 日本学術振興振興会科学研究費委員会 専門委員
  • 2002/08 - 2008/07 徳島県男女共同参画会議 会長
Show all
Awards (2):
  • 1994/09 - 財団法人小平記念会家庭教育研究所 第7回 家庭教育奨励賞:対象研究「子産み・子育ての実態と意識の変容研究」
  • 1994/03 - 日本発達心理学会 第3回論文賞 「妊娠体験者の子どもを持つことにおける意識ー子どもを<授かる>・<つくる>意識を中心にー
Association Membership(s) (5):
家族社会学会 ,  比較家族史学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY ,  日本家政学会 ,  国際ジェンダー学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page