Rchr
J-GLOBAL ID:200901018400817698   Update date: Apr. 05, 2022

AOYAMA Kiyohide

アオヤマ キヨヒデ | AOYAMA Kiyohide
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (5): structure ,  movement ,  Phenomenology ,  training ,  coaching
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2021 - 2024 コーチング学の教育の質保証のための教育課程編成上の参照基準の作成とその実践
  • 2020 - 2023 体育の教員養成課程における学習者の運動観察能力の養成に関する理論的・実証的研究
  • 2017 - 2021 帰納的理論構築による測定スポーツのコーチング学の体系化
  • 2011 - 2013 国内一流棒高跳選手のパフォーマンスに影響を与える質的要因と量的要因の関係
Papers (74):
  • ハードル走におけるインターバル疾走中の支持脚各部の動作と機能に関するバイオメカニクス的研究. 陸上競技研究. 2022. 128. 14-23
  • 落下高が同水準であるリバウンドジャンプとドロップジャンプの下肢バイオメカニクスの比較. 陸上競技研究. 2022. 128. 24-32
  • 三木圭太、青山亜紀、青山清英. A study on the competence of sport performance among student pole vault athletes. Japan Journal of Studies in Athletics. 2021. 19. 1. 57-63
  • General Coaching the in Japan. International Scientific Congress "Olympic Sport and Sport for all" Proceeding. 2020. 1. 1. 75-77
  • 関慶太郎,松原拓矢,井川純一,長野友紀,青山清英. 女子中学生を対象とする投能力向上のための学習プログラムの効果と課題. 教師教育と実践知. 2019. 2. 37-44
more...
Books (10):
  • 陸上競技のコーチング学
    大修館書店 2020
  • スプリント学ハンドブック
    西村出版 2018
  • Coacung theory
    大修館書店 2017 ISBN:9784469268195
  • 21世紀スポーツ大事典
    大修館書店 2015
  • コーチング戦略
    八千代出版 2008
more...
Lectures and oral presentations  (58):
  • 大学におけるスポーツ指導者養成教育と地域スポーツ指導者の質保証
    (大学地域連携学会 2022)
  • 測定スポーツの分類
    (日本コーチング学会 2022)
  • 「トレーニング・ピリオダイゼーション」理論の歴史的展開と今後の課題
    (日本コーチング学会 2022)
  • コミュニケーション能力の向上に対する人間学的運動学習の可能性
    (日本臨床教育学会第9回大会 2019)
  • Effectiveness of mechanical energy utilization during lifting phase of squat
    (XXVII Congress of the International Society of Biomechanics 2019)
more...
Education (1):
  • - 1992 Nihon University 体育
Committee career (4):
  • 2012/04 - 現在 日本コーチング学会 理事長
  • 2012/04 - 現在 日本コーチング学会 理事
  • 2006/04 - 現在 日本スポーツ運動学会 理事
  • 1998 - 現在 日本スプリント学会 常任理事
Association Membership(s) (8):
日本体育学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  International Society of Biomechanics ,  日本スプリント学会 ,  日本スポーツ運動学会 ,  日本感性工学会 ,  日本文理シナジー学会 ,  日本現象学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page