Rchr
J-GLOBAL ID:200901018401408660   Update date: Oct. 19, 2020

Kawai Tadatomo

カワイ タダトモ | Kawai Tadatomo
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Analytical chemistry ,  Polymer materials ,  Polymer chemistry
Papers (15):
MISC (12):
  • 川井忠智, 寺町信哉, 伊藤雄三. コポリマーブラシを用いたナノ相分離構造薄膜の創製. ナノ表面界面研究センターNASIC 中間報告会要旨集. 2008. 59
  • Tadatomo KAWAI, Shinya TERAMACHI, Yuzo ITOH. Creation of thin films with nano-structure by intermolecular phase-separation of copolymer brush. Nano Structure Surfaces and Interfaces Research Center report. 2008. 59
  • 寺町信哉, 川井忠智. 高分子材料の分析技術の現状と展望. ポリファイル. 2007. 44. 10. 22-25
  • 寺町信哉, 川井忠智. 生分解性高分子およびケミカルリサイクル可能な高分子の高分子間反応とキャラクタリゼーション. 工学院大学総合研究所 ポストアドバンストマテリアルスセンター研究成果報告書. 2005. 87-93
  • Shinya TERAMACHI, Tadatomo KAWAI. Transesterification and molecular characterization of biodegradable and/or bio-recyclable aliphatic polyesters. Kogakuin University, Post-Advanced Materials Center research report. 2005. 87-93
more...
Patents (6):
  • 体内注入可能な高濃度架橋化アテロコラーゲン移植用組成物
  • 癒着防止膜
  • An intracorporeally injectable composition for a implanting highly concentrated cross-linked atelocollagen
  • Intracorporeally injectable composition for a implanting highly concentrated cross-linked atelocollagen
  • An intracorporeally injectable composition for a implanting highly concentrated cross-linked atelocollagen
more...
Books (1):
  • 高分子分析ハンドブック
    朝倉書店 2008
Lectures and oral presentations  (139):
  • 溶離液グラジエントHPLCによるセルロースエステルの組成不均一性の解析
    (第69回高分子討論会 2020)
  • 溶離液グラジエントHPLCによるスチレン-アクリレート系RAFT共重合体の組成不均一性の解析
    (第69回高分子討論会 2020)
  • 熱伝導シミュレーションによるツインメソゲン型エポキシポリマーの高熱伝導メカニズムの研究
    (第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(松本) 2019)
  • V型コラーゲンとヘパリンの分子間相互作用の分光学的解析
    (第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(松本) 2019)
  • イオン液体を用いた均一系反応によるセルロース誘導体の合成と分子特性解析
    (第24回高分子分析討論会 2019)
more...
Education (4):
  • - 1988 Kogakuin University
  • - 1988 Kogakuin University
  • - 1986 Kogakuin University
  • - 1986 Kogakuin University
Professional career (3):
  • 工学士 (工学院大学)
  • 工学修士 (工学院大学)
  • 博士(工学) (工学院大学)
Work history (6):
  • 2009 - 現在 Kogakuin University Faculty of Engineering, Department of Applied Chemistry
  • 2002 - 2009 Kogakuin University Faculty of Engineering, Department of Materials Science and Technology
  • 2001 - 2002 Kogakuin University Faculty of Engineering, Department of Materials Science and Technology
  • 1992 - 2001 工学院大学工学部工業化学科(後、応用化学科 科名変更)助手
  • 1991 - 1992 Koken Co., Ltd.
Show all
Committee career (11):
  • 2019/03 - 2021/02 日本分析化学会 日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 技術講習会実行委員
  • 2017/03 - 2019/02 日本分析化学会 日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 技術講習会実行委員
  • 2015/03 - 2017/02 日本分析化学会 日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 技術講習会実行委員
  • 2013/03 - 2015/02 日本分析化学会 日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 技術講習会実行委員
  • 2011/03 - 2012/02 日本分析化学会 日本分析化学会 第16回高分子分析討論会 実行委員
Show all
Association Membership(s) (4):
日本分析化学会 ,  日本化学会 ,  高分子学会 ,  セルロース学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page