Rchr
J-GLOBAL ID:200901018707487172   Update date: Mar. 30, 2017

Takada Osamu

タカダ オサム | Takada Osamu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (2): 地域農業 ,  農業協同組合
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2007 - 地域農業支援と関係機関のワンフロアー化に関する研究
Papers (18):
more...
MISC (13):
  • TAKADA OSAMU. K.Taniguchi ed.,Reconsideration of the Agricultural Cooperative Theory. JOURNAL OF RURAL ECONOMICS. 2015. 87. 3. 313-314
  • TAKADA OSAMU. 「自己改革」によって農協の活路を. 月刊金融ジャーナル. 2015. 56. 1. 82-85
  • TAKADA OSAMU. 小田切徳美編『農山村再生に挑む-理論から実践まで-』. 農業経済研究. 2014. 86. 3. 247-248
  • TAKADA OSAMU. 「総合力」生かすシステムづくりを. 月刊金融ジャーナル. 2013. 54. 1. pp.38-41
  • TAKADA OSAMU. 地域社会の未来のためにJAが担う役割と展開方向. 月刊JA. 2012. 58. 8. pp.27-30
more...
Books (9):
  • 都市型酪農の六次産業化の実践-神戸市・弓削牧場の挑戦-;高橋信正編著『「農」の付加価値を高める六次産業化の実践』(pp.50-59)
    筑波書房 2013
  • 改訂 現代農業簿記会計(pp.1-290)
    農林統計出版 2012
  • 地域活性化は自然とものを大切にする心から-「コウノトリ育むお米」と「お米めん」- ; 高橋信正編著『やっぱりおもろい!関西農業』(pp.124-131)
    昭和堂 2012
  • 農協組合員制度改革の方向-准組合員の現状と対応方向を中心として- ; 増田佳昭編『大転換期の総合JA-多様性の時代における制度的課題と戦略-』(pp.59-75)
    家の光協会 2011
  • 農協経営の現状と展開 ; 小池恒男・新山陽子・秋津元輝編『キーワードで読みとく現代農業と食料・環境』(pp.260-261)
    昭和堂 2011
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 農協の「協同会社化」ー動向と論点ー
    (日本協同組合学会大会 2004)
Education (1):
  • - 1983 京都大学 大学院農学研究科博士後期課程退学
Professional career (1):
  • 農学博士 (京都大学)
Committee career (1):
  • 地域農林経済学会 常任理事
Association Membership(s) (5):
日本フードシステム学会 ,  日本農業市場学会 ,  日本協同組合学会 ,  地域農林経済学会 ,  日本農業経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page