Rchr
J-GLOBAL ID:200901019160230364   Update date: Aug. 29, 2020

Kataoka Osamu

カタオカ オサム | Kataoka Osamu
Affiliation and department:
Job title: Professor,Professor
Research field  (1): Archaeology
Research keywords  (8): Megalithic Culture of Micronesia ,  動物考古学 ,  太平洋(ミクロネシア)の人類学 ,  太平洋(ミクロネシア)考古学 ,  Zooarchaeology ,  Prehistory of Japan ,  Anthropology of Micronesia ,  Pacific(Micronesian)Archaeology
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2013 - 2018 ミクロネシアにおける巨石文化の成立と社会複雑化のプロセスを探る考古学研究
  • 2016 - 2017 『学術研究支援基盤形成』地域研究画像デジタルライブラリ
  • 2009 - 2012 グアム島所在の先史時代村落ハプト遺跡の学術研究調査
  • 2009 - 2010 シャウテレウル王朝による全島支配と地域社会の関係について -ミクロネシア連邦ポーンペイ島メチップ地域の考古学研究II-
  • 2008 - 2009 シャウテレウル王朝による全島支配と地域社会の関係について -ミクロネシア連邦ポーンペイ島メチップ地域の考古学研究-
Show all
Papers (22):
more...
MISC (70):
  • 片岡 修. 世界文化遺産ナンマトル遺跡の画像資料の活用. 月刊みんぱく. 2018. 42. 8. 8-9
  • 片岡 修. 「ミクロネシアの世界遺産の考古学」ミクロネシア連邦ナンマトル遺跡を中心に-. JAPAN APIC. 2018. 7. 27-30
  • 片岡 修. ミクロネシアの世界遺産の考古学 -ミクロネシア連邦ナンマトル遺跡を中心に-. JAPAN APIC. 2018. 6. 45-48
  • 片岡 修. ミクロネシアの巨石文化 -世界文化遺産ナンマトル遺跡を中心に-. 「東南アジア・オセアニアの世界遺産と考古学」 予稿集. 2017. 43-50
  • 片岡 修. ミクロネシアの巨石文化 -世界文化遺産ナンマトル遺跡を中心に-. JAPAN APIC. 2017. 5. 25-28
more...
Books (4):
  • 『オセアニア学』(共著)
    京都大学学術出版会 2009
  • 『環境と資源利用の人類学 - 西太平洋諸島の生活と文化 -』(共著)
    明石書店 2006
  • 『北河内の古代寺院』共著
    松籟社 1998
  • Ancient Temples in Kita-Kawachi, Osaka
    A Guide to Ancient Temples 1998
Lectures and oral presentations  (40):
  • 世界文化遺産ナンマトル遺跡のその後
    (天理考古学・民俗学談話会 2018)
  • ミクロネシアの世界遺産の考古学 -ミクロネシア連邦ナンマトル遺跡を中心に-
    (東南アジア考古学会 2017)
  • ナンマトル遺跡世界遺産登録と日本による国際協力
    (文化遺産国際協力コンソーシアム研究会 2017)
  • 世界文化遺産に登録されたナンマトル遺跡 - その経緯と今後の課題 -
    (天理考古学・民俗学談話会 2017)
  • 『太平洋のベニス』ユネスコ世界文化遺産登録への長い道程 - ナン・マドール遺跡の遺産登録申請舞台裏 -』
    (関西文化学術研究都市7大学連携「市民公開講座」 2016)
more...
Works (8):
  • Adaptation of Wester Pacific Islanders
    2002 - 2004
  • Collecting Fish Bones for Comparative specimens on Ponpei
    2004 -
  • Survey of War Sites and Collecting Fish Bones on Pohnpei
    2003 -
  • Archaeological Reconnaissance of Eastern Micronesia
    2002 -
  • An Ethnoarchaeological Approach in the Analysis of Shellfish Food Culture of Pohnpei,Federated States of Micronesia
    1999 -
more...
Professional career (2):
  • M. A. (University of Oregon(U.S.A.))
  • Ph. D (University of Oregon(U.S.A.))
Work history (8):
  • 2017/04 - 現在 Sophia University Asia Center for Research and Human Development
  • 2004 - 現在 Professor, Kansai Gaidai College
  • 2017/04 - 2018/03 Kansai Gaidai University The Intercultural Research Institute
  • 2008/04 - 2017/03 Kansai Gaidai University College of International Language and Communication
  • 2004 - 2008 Kansai Gaidai College
Show all
Committee career (4):
  • 2014/11 - 現在 寝屋川市教育委員会 文化財保護審議委員
  • 2007/09 - 現在 ミクロネシア連邦政府歴史保存局 文化財審議委員
  • 2018/12 - 四條畷市教育委員会 文化財保護審議委員
  • 2002/11 - 2018/03 公益財団法人枚方市文化財研究調査会 理事
Awards (4):
  • 1989/08 - オレゴン大学 東アジア言語学部大学院教育奨励賞
  • 1987/08 - オレゴン大学 人類学部大学院教育奨励賞
  • 1986/08 - オレゴン大学 東アジア言語学部大学院教育奨励賞
  • 1985/08 - オレゴン大学 東アジア言語学部大学院教育奨励賞
Association Membership(s) (3):
動物考古学研究会 ,  東南アジア考古学会 ,  日本オセアニア学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page