Rchr
J-GLOBAL ID:200901020075458567   Update date: Aug. 22, 2020

Unoki Keiko

ウノキ ケイコ | Unoki Keiko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (6): 高齢期 ,  コラージュ ,  i-Collage reminiscence ,  回想法 ,  ストレスマネジメント ,  睡眠
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2013 - 2016 携帯端末機器を使用した自己表現技法の開発
  • 2000 - 2005 眼球運動を用いた小児発症精神疾患の判別分析
  • 1995 - 2005 強迫性障害の情動情報に対する選択的処理
Papers (19):
  • 鵜木 惠子. 短時間仮眠による心理的・身体的ストレス反応の軽減効果. 帝京平成大学紀要. 2018. 29. 38-45
  • 鵜木 惠子, 橋本, ヒロ子. 大学3年生における進路自己効力の促進要因--媒介要因としての就職準備活動及びソーシャルサポートの検討--. 社会情報論叢. 2014. 17. 75-86
  • 鵜木 惠子, 松永, 修一, 橋本 ヒロ子. リーダーズキャンプ参加経験が学生の自己成長に及ぼす影響2--縦断調査による分析--. 社会情報論叢. 2013. 16. 155-173
  • 鵜木 惠子. X県内児童養護施設に勤務する心理職の業務形態及び内容に関する実態調査. 日本子ども家庭福祉学会. 2013. 13. 47-55
  • 向井 美穂, 鵜木 惠子. 新座市における子育て支援事業の展開--地域の特色を活かした子育て支援とは--. 十文字学園女子大学人間生活学部紀要. 2012. 10. 151-161
more...
MISC (5):
Books (9):
  • 脳の情報処理過程からみた確認強迫のメカニズム-強迫観念はどのようにして生じるか-
    風間書房 2013
  • 発達のための臨床心理学
    保育出版 2010
  • カウンセリング入門
    北樹出版 2009
  • よくわかる心理学
    ミネルヴァ書房 2009
  • 最新教育キーワード137
    2007
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • i-Collage versus paper collage therapy for mood changing in Japanese university students.
    (The annual convention of the American Psychological Association 2019)
  • 自分で撮影した写真を用いたi-Collage技法と 従来のコラージュ技法との比較(2) -気分効果とイメージ評定-
    (日本心理臨床学会第38回大会 2019)
  • 自分で撮影した写真を用いたi-Collage技法と従来のコラージュ技法の比較-気分効果とイメージ評定-
    (日本コラージュ療法学会第10回大会 2018)
  • 携帯端末機器を利用した自己表現技法の開発
    (日本心理臨床学会第36回大会 2017)
  • 携帯端末機器を利用した自己表現技法の開発
    (日本健康心理学会第29回 大会 2016)
Education (6):
  • 1997 - 2000 Ochanomizu University
  • - 2000 Ochanomizu University School of Human Developmental sciences
  • 1995 - 1997 Ochanomizu University
  • - 1997 Ochanomizu University Child Study
  • 1987 - 1991 Kyoto University
Show all
Professional career (2):
  • Ph.D. (Ochanomizu University)
  • MD (Ochanomizu University)
Work history (3):
  • 2020/04 - 現在 Teikyo Heisei University Faculty of Health and Medical Science Department of Clinical Psychology
  • 2014/09 - 2020/03 Teikyo Heisei University Faculty of Health and Medical Science, Department of Clinical Psychology
  • 2004/04 - 2014/08 Jumonji University
Committee career (1):
  • 2017/06 - 2019/05 市川市男女共同参画推進審議会 副委員長
Association Membership(s) (4):
日本ヒューマンケア学会 ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF HEALTH PSYCHOLOGY ,  THE ASSOCIATION OF JAPANESE CLINICAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page